【本】なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

会社で後輩が社内向けに共有していて、面白い共有内容だったので読んでみたが、非常に参考になる内容だった。

タイトルだけ見ると傲慢に聞こえるが、当てはまると感じる人はかなり多いんじゃないかと思う。僕も読んでいて当事者として感じた箇所が多々あった。

「できる」という感覚が客観的であれ主観的であれ、その感覚の背後にあるものが、他者の成長を邪魔しているというのが本書で書かれていること。

「できる」という感覚の要因になっているものは人によって違うみたいだけど、僕の場合は「強い使命感、責任感」によるところが大きいなと感じた。個人としてそれによって成長したかもしれないが、それが別の役割を邪魔している部分があるんだと思った。

人同士の関わりは互いの内面のぶつかり合いで決まると思うが、仕事場におけるその実態をすごく具体的に肌感覚で説明してくれている本だと思う。内面に関わる問題ゆえに自分の中だけにしまいこみやすいイシューだと思っていたが、こんな感じでしっかり整理されているものなんだなと少し感動した。

紹介してくれた後輩に感謝。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Yasushi Ihata’s story.