TechFeed7.9リリース!待望の!英語記事自動翻訳機能入りました!

こんにちは、TechFeedの白石です。

今回のリリースの目玉は、英語記事の自動翻訳機能です。バージョンアップしていただくと、Bランク以上の英語記事が自動的に日本語化されて表示されます。翻訳には、Google Translate (API)を用いています。

Web版
Android版 
・iOS版: 現在審査中です。

例えば、以下の英語記事。ぼくのような日本語脳な人間は、英語だらけの見出しをスルーしてしまいがちです。

ここではTechCrunchさん(英語版)の記事を例に取ります

でも、これからのTechFeedではこのように日本語化されて表示されます!これで、大事な情報を見逃すこともありません。

日本語化されてると、記事見出しが目に留まる!

見出しの翻訳と原文は、ランク表示の右にある「⇔原文」「⇔翻訳」というリンクをタップするだけで気軽に切り替えられます。

しかも、見出しだけではありません。現在翻訳タイトルを表示しているときにタイトルをタップすると、Google翻訳を使用して翻訳されます。

本文もGoogle翻訳で表示できます。切り替えも簡単

翻訳されていないページを表示したい場合は、原文タイトルを表示した状態で記事タイトルをタップしてください。

自動翻訳で情報格差を乗り越える

自動翻訳なんて役に立つのか?という疑問はぼくらも感じていましたが、いざ実装してみると、思った以上に効果があると感じています。

翻訳の質は以前に比べて格段に良くなっていますし、何より、アルファベットオンリーのタイトルと違ってちゃんと目に止まります。今まで、アルファベットオンリーのタイトルはそれだけで脳がスキップ対象としてたんだな、という発見がありました。

バージョンアップに伴い、自動的にこの機能は有効化されますが、設定画面からオプトアウトすることが可能です。なので、「自動翻訳なんて邪魔だろう」と思われる方も、まずは安心してバージョンアップしてみてください。

TechFeedは今後も、エンジニアの皆さんの情報収集ニーズを満たすため進化し続けます!