ヤフーが大阪と福岡でエンジニア採用強化、ウェブおよびプラットフォーム開発担当

ヤフーは、大阪市および福岡市において、ウェブサービスおよびプラットフォーム開発を担うエンジニアの採用に乗り出しています。

採用サイトには特設バナーが設置されるなど力の入れようがうかがえます。

対象となるのは、応募時30歳以下かつ入社時18歳以上。2018年4月までに入社可能であることが条件になっています。

具体的な業務内容は以下の通り。

フロントエンド開発
 Yahoo! JAPANトップページ、Yahoo!検索、Yahoo!ニュース、Yahoo!知恵袋などすべてのサービスのユーザーに見えるフロントエンド部分の設計、開発、運用を担当します。
プラットフォーム開発
 Yahoo! JAPANのすべてのサービスを、ユーザーにとって快適な速度で適切に提供するためのデータベースや検索機能など、複数のサービスが共通で利用できる大規模なバックエンドシステムの設計、開発、運用を担当します。
アプリ開発
 Yahoo!天気・災害やYahoo!乗換案内などの既存アプリから新規アプリまで、さまざまなアプリの設計、開発、運用を担当します。

なお、大阪は既存部門の拡大、福岡については新たなにエンジニア部門を設立するとのこと。

大阪:
 大阪市北区 グランフロント大阪(10月よりOPEN)、大阪富国生命ビル
福岡:
 福岡営業所(博多区中洲)、北九州センター(北九州市小倉北区)

ヤフーでは、大阪・福岡拠点で、上記のエンジニアコースの条件とは別に、通年応募可能な「ポテンシャル採用」(新卒/既卒/就業経験の有無に関わらず経験を評価する採用制度)で多様なポジションの募集を行っています。

【関連URL】
 ・大阪・福岡ポテンシャル採用 Yahoo!JAPAN
 https://about.yahoo.co.jp/hr/

蛇足:僕はこう思ったッス

maskin-bit-2016

ヤフーの従業員数は全国で6162人、平均年齢は35.5才(2017年6月30日現在)。新卒離職率は驚異的な4.5%(3年以内、厚生労働省が調査した平成27年データによると離職率平均は32.3%)という安定的な組織といえる。これは逆の見方をすれば、組織の新陳代謝が行われていない可能性もある。今回の募集には「イノベーションを創出」を目的とする面もあり、エンジニア採用が難し都心を離れ新たな人材獲得に動いたと理解できる。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.