DeNAのタクシー配車アプリ「タクベル」、AIで需要予測

DeNA(ディー・エヌ・エー)が横浜市の特定のエリアに限定し、DeNAのiOS専用アプリタクシー配車アプリ「タクベル」によってタクシーを配車する実験(参考「DeNAがタクシー配車アプリに参入、AI搭載アプリの実験を2017年夏に実施」)の全貌が明らかになってきました。実験期間は2017年9月12日から10月31日まで、AI技術の活用により需要予測をすることで効率よく配車ができるようにするとのことです。

今回の取り組みは、DeNAが横浜市経済局と神奈川県タクシー協会と連携し、横浜市の特定のエリアに限定した展開するもので、配車アプリは「タクベル」は、Uberなどと同じようにユーザー側のアプリとドライバー側の端末向けアプリを提供します。ユーザーは、アプリで自分の位置を伝え、タクシーの到着予想時間を確認しながら配車依頼を行えるというものです。

DeNAタクシー配車アプリ実験の概要
 ・対象エリア:横浜市の中区、西区及びJR横浜線沿線(東神奈川~長津田)
 ・期間:2017年9月12日(火)16:00
 〜11月1日(月)04:00
 ・対応タクシー台数:約200台(1日あたりの運行可能台数は100台程度)
ユーザー側のアプリ:空車のタクシーの状況を目視しながら配車依頼をすることが可能
ユーザー側のアプリ:支払いは事前登録のネット決済または車内現金決済が選択可能

AIを活用した「需要予測システム」

AIが搭載されているのは乗務員側のアプリで、運行中の車両から収集するデータとタクシーの需要に関連するデータを解析し、乗務員側にいつどのエリアで需要があるかという予測情報を提供します。

今回の実験では需要情報の発信のみですが、将来的にはタクシーと乗客のマッチングを効率化することで、タクシー乗務員の労働力不足の課題解決に乗り出すかんがえです。

今回、DeNAは、横浜市と締結したスポーツ振興と地域経済活性化等に向けた包括連携協定(I☆YOKOHAMA協定)およびテクノロジー系産業創出プロジェクト「IoTオープンイノベーション・パートナーズ(I・TOP横浜)」の一環としてこの実験を行っており、今回の「タクベル」を使ったタクシー配車の仕組みは、2018年1月以降の実用化を目指しているとのことです。まずは神奈川県内で展開し、順次他の地域にも拡大する考えです。

【関連URL】
 ・タクシー配車サービス「タクベル」 先行モニターキャンペーン | DeNA(ディー・エヌ・エー)
 https://dena-taxi.jp
 ・DeNA AUTOMOTIVE
 http://dena-automotive.com

蛇足:僕はこう思ったッス

maskin-bit-2016

画面を見る限りアプリの使い勝手は問題なさそう。ただ、タクシー配車アプリの満足度は、まず第一に「つかまるかどうか」というポイントがある。つまり、アプリを軸とした情報システムがサービスを同効率化できるかというのが配車アプリの品質ということ。100台のアプリ対応車両が希望の場所で、現実的な待ち時間で配車可能か、需要の増減にあわせて何らかの対応ができるか、それがこの実験の本質になる。


Originally published at TechWave テックウェーブ #wave.

Like what you read? Give techwavejp a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.