コーヒーと消化

横隔膜あたりにもやっとしたやつが溜まる

それに気づく

コーヒーを入れる

湯気を見つめる

湯気を見つめる

茶色いの水面を見つめる

見つめる

横隔膜あたりの重いもやっとしたやつが首を伝わって頭まで登る

目にむかっている

たまに後頭部を一周するから、少し昔の映像が映る

もやもやはいつのまにか液化している

きっとのどをとおる時に含水率をあげる

くちがからからになるんだ

液体になったかつてのもやもやは、目から滲み出る

目からコーヒーに移る

目とコーヒーの水面との最短距離を通って移る

その最短距離に雨の日の蜘蛛の巣みたいのがあって、

それを辿って
つーって
一滴ずつ
移る

かつてのもやもやがコーヒーの湯気に消える

かつてのもやもやがコーヒーの中に溶ける

コーヒーを飲む

コーヒーが喉を通って
横隔膜を尻目にお腹に届く

ゆっくりお腹をめぐる

そのうちもやもやはコーヒーと一緒に体外に排泄される

でもたぶんやっぱり少しはコーヒーと一緒に体内に吸収される

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.