プログラミングの教材を作ってます。

最近はずっとプログラミング教材を作ってます。Scratch上で動きを作ると、Arduinoに繋がったサーボモーターやらLEDやらが動作します。自分で言うのもなんだけど触ってて楽しい。というか自分が楽しいと思うものを仕事を言い訳に作ってるに近いです。

もともとは総務省のプロジェクトに採択してもらってこんなことをやってました。

けど恵比寿さんは衣装とかもあって作るのが大変だったので、どこででもレーザーカッターさえあれば作れるように仕立て直したのがこちらです。

この教材のバリエーションとして、冒頭に貼ったいらすとやの棒人間と同じくいらすとやのフレンズを切り出してみたのがこちらです。

フラダンス人形のような歯車機構はありませんが、2軸でクルクルまわって感情を表現してくれます。えべっさん→フラダンス人形→フレンズと、どんどんシンプルになってゆく。でも2軸のまま。

次回予告のペンギンたちも2軸クルクル(と上下)の動きに声を当てて感情表現してたし、見る側はそこそこ読み取ってしまうものだと思います。すごいぞ2軸クルクル!

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Daisuke Motohashi’s story.