CodeFactorがスーパー便利だった

コードのLintなどの問題点をどうにかしたいなーと思っていてSiderやCodeClimateを検討していた中、Github Marketplace でCodeFactorを見つけて良かったので紹介する

https://www.codefactor.io

ボタン1つでautofix

問題が解消可能な場合、「CREATE FIX COMMIT」というボタンが出て出てきて自動修正ができる。これがめちゃ便利。

ESLintコマンド叩くのも多少面倒だが、php-cbfをセットアップするのが超めんどくさいみたいな場合にすごく便利。

また、Pull Req中のものでない場合でも「CREATE FIX PR」というのができるのが良い。

private repositoryが1つまで無料

これ系のサービスには珍しく、privateでも1つまでは無料で利用できる。かなり太っ腹に感じる。

あまり無料を訴求するのは微妙だよなーとは思いつつ、良いサービスにはお金を払いたい気持ちもありつつ、Lintなどで重要度を測りづらいものだとなかなか投資しづらいのも事実。

そういう小さいチームにおいて無料プランがprivate一つまで開放してくれているというのは大変ありがたさを感じる。

依存ライブラリの状況も教えてくれる

依存してるライブラリの品質状況を教えてくれる。

とはいえ、axiosとかは圧縮した後ファイルであるdist/axios.jsが良くない!と出てたりなので割と参考程度かな、という気持ちもある。

Configuration Lessですぐ走る

特に設定などせずにガガッと勝手に走ってくれる。
(と昔Coverallのistanbul設定とかすごいめんどくさかったので大変かなと思ったけどよく考えたらこの辺は他のサービスでもやってくれそうな気がした)

もうちょいなんとかされたら嬉しいところ

とはいえここもうちょっとあったらいいな、という部分もある

  • Check API対応されたら嬉しい
  • ignoreがWeb UIから変更する感じだが、テキストファイルで管理出来ても嬉しい
  • 重複コード検出は言語選びたい(SCSSとかはあえて共通化してないとかあるので)