一人で全部を演じる「落語」は本当に面白いのか?

最近メイプル超合金のカズレーザーが好きなんです。馬鹿なふりしていても知性というのは滲み出るものだなあというのを実感しています。

リンク先の文章は弁護士様が書いたらしいですけど、知的と言われる職業に就いていても馬鹿は馬鹿でしかないのだなと感じる記事です。反論するのも馬鹿馬鹿しいので馬鹿と言うのに留めておきます。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.