同棲していた彼氏が自死するということ。

「自殺は弱い人間がすること」
 悲しみに暮れる私に、そう言葉をかけてきた人がいました。
 本当にそうでしょうか。

自殺を考えないことは心が強いということではないと思う。
自殺を考えたことがない人間は強い人間ではなくて、自殺せざるを得ないような境遇、場面に遭遇したことがない人間だと思う。己の恵まれた人生を自覚せずに、人の境遇を理解することも想像することもせずに、ただ自分の観測範囲の中だけで考えた結論が「自殺は弱い人間がすること」という台詞だと思う。
死ぬことと生きることを天秤にかけて生きることの方が遥かに困難だと思うような場面に遭遇したことがないのだ。そんな場面を想像することもできないのだ。
この状態がずっと続くのなら生きることへの執着が断ち切られるという場面はある。
そんな場面に遭遇したことがないということをありがたく思うべきだ。
自殺をする人間が弱いわけではない。自殺しない人間が強いわけではない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.