堀江貴文氏の「嫌なことの続け方」が凄すぎる!継続する方法まとめ

リンク先の記事は堀江氏がジム通いを継続する為にした工夫を取り上げておられます。

堀江貴文さんという人は極端な競争原理主義者でその考え方に無慈悲な面があるので好きではないのだけれど、頭の良い人だとは思っています。記事の中にあるように色んな工夫を自分の中で生み出して自分をコントロールしているところからやはり頭の良い人なんだなという印象です。

スポーツでも楽器でも上手くなる為には練習をするわけだけど、その練習の質を上げられる人が優秀な人なんだと思ってるんです。ただ漫然と練習をするのではなく、練習をしながら自分の弱点を見つけ、それを克服し長所を伸ばす、そんな創意工夫が出来る人は向上するしやはり頭が良い。それが出来る人は他の人と同じ時間練習していてもより向上できる。集中力があるという面もあると思います。
トッププレイヤーになるには才能も必要だろうけど、才能だけで頂点を極められるわけではないだろうし、才能を伸ばす工夫が出来る賢い人だけがトップに君臨するわけで、賢さというのは大きな要因であると思います。

スポーツ、音楽のようなものでなくとも、会社員の仕事でもより効率的に仕事をし、より難易度の高い仕事に挑もうとする人が優秀な人で彼等はやっぱり元々賢い人だと思います。

Like what you read? Give texa a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.