宗教っていいよね

無職でおなじみのphaさんが宗教を語っておられます。

「自分がもし身寄りの無い年寄りで、家族も友達もいなくて寂しく一人暮らししていたとしたら、誰かが定期的に訪ねてきてくれたらそれだけでものすごくうれしくない?」
 それはすごくいいなと思ったし、そういう役割を果たしているのは、宗教か家族くらいしか現実的には存在しないのかもしれない。

うん。確かに宗教というコミュニティーには助け合いというものがあるので良い点は多分にあると思う。ただ内側の結束を固める為に外に敵を作るようになると怖いけどね。

地域コミュニティーというのはどんどん破壊されてますよね。昔は隣近所、地域、地元、そういう繋がりって今よりは濃かったと思う。お祭りの準備をみんなでしたり地域清掃とか子供の為の催しを世話したり。そこら辺って寺、神社の檀家、氏子だったりという宗教の繋がりがあったというのは確かにあると思う。宗教でなくても地域同士の繋がりというのは、やはり農村における作業の助け合いや水の管理なんかの共同でやらざるを得ない事情から繋がってきたものじゃなのかなーという気はしています。

何もないところに地域のつながりを作りましょうって言っても難しいんですよね。繋がりを作るって云ったって親睦会をやる程度じゃだめだし。でも親睦会も意味がないわけではないんですよ。それに向けて準備するじゃないですか。その準備作業で一体感や助け合いや繋がりが生まれるんですよね。要は何かの作業を力を合わせてやることで繋がりって生れるんです。お祭りや催しごと、防災の訓練や夜回り、なんでもいいけど作業を一緒にすることで人と人は繋がる。会社なんてその典型じゃないでしょうか。
でもその作業が嫌だとか必要性を感じないとかになるともうダメですもんね。ただお茶会を開いてどうぞ来て下さいって言われてお客さんみたいに参加してるだけでは繋がりって生れないから。
難しいですよね。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated texa’s story.