「ヤバイ」をやめないとヤバイよ

便利に使える言葉というのがどの時代にも流行る。古くからあるものだと「どうも」最近だと「ヤバイ」「大丈夫」がそう。言葉はその時代に生きてる人がどんどん変化させて行くものだけれど、現代はごまかし言葉ばっかりで他にボキャブラリーがなさすぎる感じ。ごまかし言葉っていうのは、とりあえずこれを言っとけば会話のその場しのぎにはなる、というもの。

自分でもつい使ってしまうけれど、意識してやめたほうがいいと思ってるごまかし言葉を挙げてみた。

ヤバい

現代のごまかし言葉の代表格。元々の良くない、まずい、という時以外にもいつでも使われる。ヤバいのはお前自身て感じ。

大丈夫です

出た「大丈夫です」これ言ってる本人は敬語のつもりなんですね。断る時も、問題なしOKの意味もある。他に言えないからから何でもこれ。OKの意味もある言葉で拒絶に使われるから、すごい嫌な感じがするって気づいてる人はどのくらいいるんでしょう。

一応

いつも頭にこれがつく人がいますね。断言すると、言い切り型で言うと自分に責任が生じるからぼやかしたい、という意識からきてる気がします。これもつい使ってしまいますが、はっきり言って不要です。「一応」を省いたところで何も変わらない。

カワイイ

女は何にでもカワイイって言うので、そのカワイイの意味がよくわからないと言われますけど、こうやって他のごまかし言葉と並べてみると、同じ発想からきてる種類の言葉っていうのが良くわかる。良い悪いの「良い」がすべてカワイイで表現されてるだけで、語彙力の低さが顕著に出てる。「ヤバイ」「カワイイ」「大丈夫です」しか言えない女の子、その辺にいるでしょう。

あえて

これはちょっと前によく聞いた。「あえて」といえばなんでもいいと思ったら大間違い。何かを言ってからごまかしたい場合によく使われてます。

個人的には

これはちょっと種類が違うけど、同じ人種が使う言葉だと思うのでついでに。個人的には…って言ってるとき、その話個人的以外の何でもないから、っていう内容がほとんどじゃないですか?

メチャクチャ

これもちょっと違うけど、「メチャクチャ」っていうのはなるべく使わないようにしてます。この後に続く言葉が「美味しい」とか良いものを表す言葉の場合、なんかすごく汚らしい感じに聞こえる。「メチャクチャ」っていう音が汚いし、絶対合わないと思うんですよね。


多分まだ他にもこういう言葉があると思うけど、発想の根本は逃げるために使ってる言葉で、現代人の無意識の感覚は他の人間もデジタルなもので、ボタンを押せば何でもその通りになるはず、みたいな感覚がある。だから、ある言葉を発したら、その意味は一つで断言することになる。断言すると自分に責任が生じるので、ごまかしておいて逃げ道を作っておく、ということなんだと思う。

ボキャブラリーだけでなく、想像力もない話し方。コミュ力っていうけれど、こんな話し方しかできないんじゃ、コミュニケーションすらできてない。他人が存在してないかのような話し方は、ずっと日本だけで生きてく人の特徴な気がする。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.