2018年の対外活動記録とかその辺

ところてん
Dec 23, 2018 · 15 min read

この記事は、pyspa Advent Calender 2018の23日目の日記です。
とりあえずこの一年にやってたことを適当に書き残しておきます。

1月

正月からPUBGやってたらしい。

ゲームディレクターの案件で、いろいろと新しいタイプのゲームを作ってみようという話になったので、とりあえず練習がてらにSiv3Dを触ってみる。数年ぶりのC++は楽しい。変なクラスを作らなければ……。

KAD〇KAWAの方面から、キズナアイの写真集に原稿の寄稿をしてくれという依頼を受ける。こういう話を書いたら面白いんじゃないですかね?と適当にアイディア出しをしていたら、いつの間にか書くことになってしまった。
そして、出したアイディアや原稿は全没になり「シンギュラリティについて書いてください」という話になり、頭を抱える。

例年通りプログラミングシンポジウムに参加。旅館の米が旨くて、米で米を食っていたら、3日間で1kg太る。一日に一食で生活していたヤツが、毎食ご飯3杯食ってたらそうなるわ。

仕事ではじめる機械学習の書籍版が出た。

取材された。

とある出版社に、上場企業の統計分析の記事企画を持ち込む。
→ 原稿を渡したが、私の書いた文章、統計が全部リライトされて、私の主張とは違う内容にまとめられてしまっていた。公開するのであれば、私の名前を出さないでくれと交渉して終了。記事は出版社名義でウェブ公開されたが、いろいろと疲れたので、原稿料の請求も行っていない。

もう一度リトライしたいので、どこか興味持ってくださる出版社さんいらっしゃいませんかね?

2月

このころが一番稼働のピークだったと思う。

要求された文字数を満たして、キズナアイ、機械学習、強化学習、AlphaGo解説を含んだシンギュラリティポエムを渡すも、「論文みたいな感じで、参考文献を埋めてください」という依頼がきて頭を抱える。

参考文献を追加した結果、大幅に文字数超過をしたが、なぜかそのまま乗ることに。

守秘義務でにゃーんな案件の審査員を行う。審査結果にモニョモニョしたので、Twitterで愚痴る。

3月

未踏会議2018にて、未踏OBの書籍展示コーナーの運営を任せられたので、ラムダノートの鹿野さんに協力を仰いで実施。なぜか自分は画像付きでツイートしていなかった模様。

DIVE INTO CODEでプレゼンしていた。

プレゼン内容を一部抜粋したものが、以下のスライド。

このスライドのおかげで、いくつかの仕事が繋がっていった。

4月

キズナアイの写真集が出る。自分が寄稿した部分が、開幕数ページ目に乗っていてたまげる。あと、参考文献のところに誤植があって凹む。原稿料が技術屋価格ではなくライター価格で二度凹む。

Tetsuroさんから、依頼が飛んできた。

とりあえず、先方にはこんなんでどうよ?という感じで原稿案を投げつけた。

これが後にあんなことになるなんて。
完成版の原稿との差分を楽しんでください。

5月

ゴールデンウィークに旅行をしようと思ったが、荷物をまとめて、さて航空券のチケットを取るぞ、という時点で航空券の高さに心が折れて、家で引きこもることにした。
引きこもるついでに、マッハ新書ブームにかこつけて怪文章を書く。

あぶく銭が生まれたので、学生にバラまくことにした。この後の確定申告を考えるとめんどくせーなー。

6社同時に仕事をしていたら、取材されてた。

丸善丸の内で、仕事ではじめる機械学習が取り上げられたので、著者推薦を適当にしておいた。

6月

会社の金でVTuberになれば、利益を圧縮して法人税を減らせるし、美少女になれるので、一石二鳥なのでは?と思いついて実行に移す。プロの3Dスタジオに発注。
これは新規事業への投資、節税ではない、いいね?

「なりたい女の子」と「好みの女の子」は違うでしょ、なんで一緒にしちゃったの?というツッコミを周囲から受ける。

ajitofmでなんか話していた。

7月

自分が手伝っていたReproから、AI Labsの顧問についてくださいという話になり、なぜか顧問になることに。

データサイエンティスト養成読本の原稿が全く書けずに苦しむ。あまりに原稿が書けなかったので、YouTubeで配信しながら書くという荒業を思いついて実行する。
これはVTuberの新規事業のテストマーケティングなんだからね。勘違いしないでよね!

人に見られながら原稿を書くのはとても捗りますね。「1万文字程度でお願いします」というところが結果的に2万文字になった。

配信が終わった瞬間に疲れ果てて、12時間以上寝込んだのを覚えている。

税理士とVTuber用の3Dモデルの取り扱いについて議論する。

8月

お手伝い先がMakerFaireTokyoに出展するというので、デモのお手伝いに行く。

NTT Tech Conference #3 の社員・元社員オンリーの裏セッションで話す。人はいろいろな理由が積み重なって会社を辞めるんだよ、という話。

ビール飲ませると、この辺のスライドでプレゼンし始めます。

VTuber用3Dモデルを確認する。可愛すぎて脳がバグる。
色々と仕事が忙しすぎてセットアップできない。

9月

過労で死にそうだったので、月末に夏休みをとって、ノープラン旅行していた。

色々なところから、うちに来ませんか?という話がきて、最終的にはこんな感じのルートだった。控えめに言って頭がおかしい。

東京→新幹線→京都
京都→鈍行→大阪
関空→飛行機→女満別
女満別→バス→北見
北見→バス→札幌
新千歳→飛行機→東京

高校時代の古い友人に会ったり、大阪にいる間に、文脈付きマルチアームバンディットのコードを書いていた。

文脈付きマルチアームバンディット、自分で書いてみて初めて理解できたわ。数式はクソムズイけど、コードはとても簡単なのねー。

札幌初めて行ったけど、割と異次元だった。

札幌ではFarmnoteさんを見学させてもらったけど、酪農+IoT+機械学習というスゴイ仕事をしていて、とても面白かった。

乳牛は妊娠しないと乳を出さないので、乳牛の発情を見つけて種付けをする必要があるんだけど、発情を1回逃すと、1か月分飼料代が無駄になる。だから、牛にIoTセンサー付けて行動から発情を検知して、検知したら種付けを行うことで、乳が出ない期間を最小化する、という面白ビジネスモデルを教えてもらった。(これ完全に薄い本だよなぁ…と思いつつ)

10月

10月は表に書ける話があんまりない。
某データ分析企業の顧問になった。

データサイエンティスト養成読本 ビジネス活用編が出た。

各著者が、自分たちの言葉で同じようなことを言っていて驚いた。Tetsuroさん曰く「各著者に書く内容を一任していたら、だいたい同じような話が集まって驚いている」とのこと。

1万字程度で、と依頼されていて、2万字書いてしまったので、本当に申し訳ないと思っているが、紙面をパラパラめくってみると、明らかに自分よりも長い記事がいくつもあるので、まぁいいかと。

ちなみに上記ツイートの謎イベントは、マスクドアナライズさんとの対談だったりする。私の原稿のレビューをしていただいたので、お礼に献本を渡そうとしたら、なぜか対談イベントが開かれた。

11月

お手伝いしているReproさんで、イベントでなんか話してくれ、ということで、データサイエンティスト養成読本に書き忘れた話をモリモリとぶち込む。

Veinのリリースをした。そのうち、正式なリリース記事は書く。

東工大生?になった。

ちなみに、いわゆる社会人講座なので、東工大生ではない。
「お前は講義する側だろ、なんで受講生側にいるんだよ」というツッコミを何回か受ける。

埼玉工業大学で講義を行う。まぁ、上記のツッコミはある意味正しい。

来年の2月も某所で講演する予定だけど、何を話したもんか完全に白紙だ。

12月

NewsPicksの解説記事を書いたら、割と当たった。

Veinを作るにあたって、似たようなサービスを行っているところをいろいろと分析したときの話を適当に整理してまとめた感じ。

あと、日経ナントカに乗ったらしい。

有料契約してないので、どんな風に書かれているのか読めてないので、だれかこっそり教えて。

この冬休みはVTuberデビューする予定。

褐色白髪犬耳ハイニー手袋スク水冒険者YouTuberおじさんのkanaちゃんです。

まとめ

advent calendarに書く話が無かったので、公開可能な範囲で今年やったことを適当にまとめたんだけど、わりと頭がおかしかった。公開出来ない範囲だともう二回りくらい頭おかしい。

来年ももう少し頭をおかしくしていきたい。

kanaちゃんへのVTuberお仕事依頼待ってます。

    ところてん

    Written by

    にゅーるにゅーる

    Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
    Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
    Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade