TomoIssuerを使ってTRC-21トークンを作成しよう!

Image for post
Image for post

はじめに

本記事では「TomoIssuer」を使ってTomoChain上でTRC21トークンを発行する方法を解説していきます!

.

Tomo Issuerは、

「ユーザーフレンドリーなインターフェース」

「プログラミングスキル不要」

「柔軟なトークンカスタマイズ性」

の3つを特徴とするトークン発行プロダクトです。

誰でも簡単に数ステップでTomoChain上でTRC21トークンを発行することができます。

.

TRC21トークンとは、TomoChainの「TomoZ」プロトコルを搭載したトークン規格です。

TomoZを利用すると、TRC21トークン(例えば「TEST」トークン)の送受信をする際に、TomoChainメインネットのネイティブコインである「TOMO」ではなく、送受信したいTRC21トークン(ここではTESTトークンのこと)により取引手数料を支払うことができるようになります。

イーサリアムのERC20トークンを送金しようとしたときに「ガス代のETHがない!送金できない!」となったことはありませんか?

TomoZを使えばそんな問題が起きることがなくなります。

.

以下では、TomoIssuerを使ってTRC21トークンを発行する方法を解説していきます。

.

*注意事項*

TomoIssuerは現在テストネットでしか動作しません。そのため、TomoIssuerを利用する場合には必ずネットワークをテストネットに切り替え、またTOMOコインを使用しないでください。

TomoIssuerを使ったTRC21トークンの発行方法

Image for post
Image for post

ステップ①

TomoIssuerのウェブサイトにアクセスし、「Issue New Token」を選択し、利用するウォレットをアンロックします。

.

ステップ②

次は、トークン発行ダッシュボードでトークンの各種パラメーターを設定します。

下記画像の上から順に

・トークン名(イーサリアムでいえば「Ethereum」)

・トークンの通貨単位(symbol イーサリアムでいえば「ETH」、文字数制限なし)

・トークンの総供給数(Total Supply)

・トークンの最小単位(decimals 例えば「4」を選択した場合、0.00001が最小単位になる)

を入力します。

.

加えて、TomoIssuerの利用には、ウォレットにテストネット版の TOMOが十分な量あることが必要です。

テストネット版のTOMOは、こちらから入手できます。

入力が完了したら「Save & Review」をクリックしてください。

Image for post
Image for post

*注意事項*

トークン発行にかかる手数料額は現在のバージョンでは固定されていません。正確な手数料額はメインネットリリース時に公表されます。

.

ステップ③

次の画面では、ステップ②で入力したトークンに関する情報に誤りがないかどうか確認してください。

誤りがないことが確認できたら「Issue Token」をクリックしてください。

スマートコントラクトの開発・デプロイに関する知識・経験がある場合には、TRC21規格のリファレンスを参照して下記画像の画面上でトークンコントラクトをカスタマイズできます。

Image for post
Image for post

.

ステップ④

ステップ③を経てトークンの発行が完了すると下記画像のような画面が表示されるので、「View detail」をクリックしてください。

すると、ホルダーの数や総供給数といったトークンの基本情報の管理画面が表示されます。

次に、TomoZプロトコルによりトークンによる手数料支払の設定をするために、画像右上の「Apply to pay fee by token」をクリックしてください。

Image for post
Image for post

.

ステップ⑤

するとTomoZの利用にあたっての各種注意事項が表示されるので、注意深く読んだ上で問題がなければ「I understand」をクリックし、次の画面に進んでください。

Image for post
Image for post

.

ステップ⑥

ここからTomoZの設定が始まります。

TomoZではトークンによる取引手数料の支払いが行われるためトークンの送信者はTOMOを支払う必要はありませんが、その代わりにトークン発行者があらかじめTOMOをデポジットしておき、そこからトランザクションを処理するマスターノードに取引手数料のTOMOが支払われます。

そのため、トークン発行者はまずTOMOをデポジットしなければなりません。

デポジットの最低額は10TOMOです。

*トークン発行者がTOMOをデポジットしなければならないとすると、トークン発行にはかなりの金銭的負担を伴うのでは?という疑問があるかもしれません。しかしTomoChainの取引手数料はゼロに近いので、わずか1TOMOをデポジットするだけでも何千ものトランザクションを処理できます。そのため、トークン発行に大きな負担がかかることにはなりません。

Image for post
Image for post

.

ステップ⑦

最後に取引手数料として支払われるトークンの額を設定し、「Update」をクリックしてください。

Image for post
Image for post

TIPS

①取引手数料のためにデポジットしたTOMOが不足した場合の対応

トークン管理ダッシュボード画面右側の「TRC-21 fee fund」の「Deposit more」から、取引手数料のためのTOMOをデポジットし、補充することができます。

Image for post
Image for post

②トークン発行者ではなくトークン保有者による取引手数料のためのTOMOのデポジット

TomoZプロトコルでは、トークン発行者が取引手数料のためのTOMOをデポジットするのが原則ですが、トークン所有者がTOMOをデポジットすることもできます。

これにより、万が一デポジットされたTOMOが不足しトークンを転送できなくなった場合でも、トークン所有者がTOMOをデポジットすればトークンを転送することができます。

.

まず、こちらのページに飛び、「Donate TRC-21 fee」をクリックしてください。

すると下記画像のようなページが表示されるため、上から順に

・取引手数料としてのTOMOをデポジットしたいトークン名

・デポジットするTOMOの数量

を入力してください。

その後、「Save & Review」をクリックして完了です。

Image for post
Image for post

Written by

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store