メガベンチャーに転職した

この記事は、下記アドカレの2日目です。(遅くなってすみません・・・)

職歴

  1. 2009年4月、新卒で車載機器(カーナビなど)開発メーカー
    組み込みソフト開発、スマホ連携機能、車連携のスマホアプリなど
  2. 2016年4月、IoT系の小規模ベンチャー
    KioskなAndroidアプリ、BLEデバイスのFW設計、BLEなスマホアプリなど
  3. 2017年11月、メガベンチャー
    オートモーティブな領域でAndroidアプリ、スマホ連携デバイスの開発フォローなど

なぜ転職しようと思ったのか

いくつか要因はありますが、最終的なきっかけはとあるAndroidの勉強会でした。
発表内容がどれもとてもレベル高く、

「自分は色々やってきたけど、組み込みソフト開発以外にこれが得意と言い切れるモノが無く中途半端。組み込み以外だとAndroidアプリ開発がやっていて楽しいので、注力して極めたい。」

という気持ちが湧いてきました。

どのように転職したのか

合計で3社、それぞれ下記経由で選考を進めました。

  • 直接応募1社
  • 友人の紹介で1社
  • 転職ドラフトで1社

結果、転職ドラフトで声をかけて頂いたあるメガベンチャーから内定を頂き、ジョインすることにしました。
正直、自分の職歴(Web系の開発経験がほぼ無く、スマホアプリ開発経験年数も少ない)的に転職ドラフトはあまり期待していなかったのですが、運良く現在のスキルを活かせつつAndroidアプリ開発ができる職場に出会えました。

仕事とは別に個人でフルKotlinなMastodonクライアントを作ってソース公開したり、ときどき勉強会でLTしていたのが評価されたのかもしれません。

あと、1次面談時に現場エンジニアの方と意気投合した事ですかね。
ありがたい事に気に入って頂けたのか、その後の2次面接・最終面接・内定・採用条件通知までのスピード感にビビりました。(2次から採用条件通知は当日の出来事)

現在

11/16からジョインして2週間、「馴染みすぎでしょ」「別の部署からの異動ですか?」「入社3年目ですよね?」と言われるぐらいには馴染んでバリバリ働かせて貰っています。

まだ試用期間なので今後どうなるかはわかりませんが、周りの方々がとても優秀(平均値も中央値も高い)で、日々刺激を受けてます。

仕事量は多いですが、毎日メッチャ楽しいです!!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.