Introduction to HTML
Takayuki Horisawa
11

ここに書かれているHTMLの紹介は間違いなく正しいのですが、近年、HTML はウェブページ(要するに読むための文書)という目的だけではなく、ウェブアプリケーションという目的でも利用されるようになってきました。

文書であれば、heading(見出し)やparagraph (段落文)という意味付けがあって当たり前ですが、アプリケーションの場合にはそのような意味付けは意味をなしません。

これはHTML が誕生した当初、ウェブが今のような進化を遂げると想定していなかったためで、またFlashのようなクローズドなアプリケーション開発環境よりもHTMLのようなオープンなプラットフォームな仕組みが支持されたためです。

現在はCustom elementsといった機能によって任意のタグを使えるようになっているため、よりアプリケーションに特化した設計が可能になってきていますが、Webはこのように時代や技術の進化によって徐々に姿形を変えてきています。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.