Git
Takayuki Horisawa
11

このチュートリアルを行なってもらった目的は、実は Git について覚えてもらうことよりも、コマンドライン操作を一度体験してもらいたかったというのが本当の狙いです。

コマンドを入力してエンターを押すと「コマンドが実行され、その結果が画面に表示される」というコマンドラインの基本的な流れをチュートリアルを通して体験してもらうことで、実際に次の課題でターミナルに触れたときに、特に違和感なく操作ができるようになっていたと思います。

デスクトップアプリケーションと違って、コマンドラインの操作は、当たり前ですが、コマンドを実行するまで何も起きません。また、ボタンも何も表示されないため、最初は何をすれば良いのか、まったく検討もつきません。

僕も初めてターミナルを開いたとき、何をすれば良いのか分からなかったのですが、コマンドを実行すると結果が表示される(逆に言えば、コマンドを実行するまで何も表示されない)という当たり前のことを知っているだけで、安心してコマンドラインに触れることができるようになったかと思います。

Gitについて、本格的な学習は今後プログラミングを実践していく上で、実際に操作しながら学んでいきますので、ここで正確に覚える必要はありません。最初は概念を覚えるのが大変ですので、一旦忘れてしまっても大丈夫です。今後のアーティクルで登場する cd や ls、cp や rm などの基本的なコマンドや、引数(argument)というものの存在について覚えていってください。

Like what you read? Give Tomoya Otake a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.