標準入力の型変換について
Kazunori Kamiya
11

型変換はとても重要です。Rubyは動的型付け言語であるため(Goなどは静的型付けです)、必要に応じて型を変換しなければなりません。

例えば、Ruby On Rails などでアプリケーションを書くとき、ブラウザから “false” という文字列が送られてきたとき、それは、文字列の “false” であって、boolean の falseではありません。

Rubyは nil と (booleanの) false 以外は true と扱うため、文字列 “false” はtrueになります。

ブラウザとアプリケーションの通信は、プログラミング言語ではないため、基本的には文字列を送受信します(HTMLもJSONも文字列であり、それをパースして、ブラウザやサーバーが処理を行なっています)。そのため、文字列を適切にハンドリングして、期待通りの型でない場合は、エラーを出すなどして、データが壊れないようにしなければなりません。

そのため、Webアプリケーションの開発では、データベーステーブルの型(いわゆるデータベースのスキーマ)とプログラムの型、そしてクライアントと送受信されるデータの型と、3つの型を意識することになります。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.