Spotify, Google, DeNA…先進企業で日常的に行われる「検証」とは

こんにちは。ちょーちんです。
Startup Weekend Advent Calendar 12/23の記事です。

※ Startup Weekendとは…
金曜の夜から日曜夜までの54時間で起業に挑戦するというイベント及びコミュニティで、世界各地で有志により開催されています。

私は先月開催されたStartup Weekend Yokohama #6 に参加しました。初めて参加したStartup Weekend(以下SW) では沢山の学びがあり、今日はその中のひとつ「検証」について書きたいと思います。

スタートアップにおける検証の重要性

私がSWで学んだことは「検証」の重要性。ここでいう検証とは「機能が正常に動くこと」を確かめる検証とは異なり、「ユーザーニーズを確かめること」を指します。

ビジネスの仮説が「イケてるか」を見極めるには、適切なユーザー(ファーストカスタマー)にプロトタイプ(MVP)を触ってもらい、見込みがあるかをたしかめることが重要で、これを短時間でいかにスピーディに行っていくかがスタートアップの基本のキです。

この「検証」を重視するプロセスは、スタートアップのみならず大企業からも近年熱い注目を浴びています。

海外企業にみる検証

10月にアムステルダムで行われた「Service Design Global Conference 2016」は世界の名だたる企業が登壇しサービスデザインについての成果を発表し合うカンファレンスです(サービスデザインについてはコンセント長谷川さんの記事が非常にわかりやすいです)。

先日この日本支部によって開催された報告会に参加したのですが、SpotifyやGoogleといった先進企業で「検証」が日常的に行われていることに驚きました。

先日恵比寿で行われた #SDGC2016報告会の様子

Spotifyではアジャイル開発の中で「検証」を取り入れています。短い開発サイクルの中でスピードが求められる中、スピードと検証を両立するために彼らは「紙製」のプロトタイプで時間とお金をかけずに仮説検証を繰り返しています。さらにこうした担当者をカスタマージャーニーの各フェーズに置くことで、組織的に検証を行う体制を敷いています。

Google でも「検証」が行われてています。Google Mapチームでは機能の利用データを元に仮説を立てたあと、世界の4都市で同時にフィールドワークを行います。それだけでなく、その日のうちにブレストを行いコードも書き換えはじめるそう。とんでもないスピード感です。もちろん長期的な改善も行うのですが、その間にはこうした細かな「検証」の反復が繰り返されています。

これらの企業では「検証」が開発プロセスに組み込まれ日常的に行われています。ただ開発スピードが早いだけでなく、しっかりと検証プロセスを経ることでユーザーにより良いサービスづくりを行っているのです。

日本でも行われている検証

BCG Digital Ventures 坪田 朋 氏の基調講演

では日本はどうなのかというと、日本にも「検証」を重視している企業があります。それがDeNAです。

先日dots.で行われた勉強会で元DeNAで、現在はBCG Digital Venturesにいらっしゃる坪田 朋さんの講演がありました。同氏はDeNA時代にUI Crunchというイベントを主催したり、DeNA会長である南場さんに「経営会議より、UI/UXが大事」 と話してもらうことでUXを重視する組織風土をつくった立役者でもあります。

坪田さんは「UI/UXデザイナーの僕が、新規事業を作る時、大事にしていること」というスライドの中でこう述べらました。

意識するべきは徹底的な調査
ユーザーテスト

坪田さんはDeNA時代のご自身の経験で、新しく立ち上げるサービスの検証のためにまる1日ユーザーと行動をともにし、つぶさにその生活を観察したそう。「検証」を行うときは徹底的に。私は「検証はインタビューをいくつか行えばいいのかな」程度に思っていたので、その本気度に目から鱗でした。

これからは検証が当たり前になる

上記で紹介した事例は、「検証」を重視する「サービスデザイン」や「UXデザイン」といった概念を積極的に導入している企業のものですので、日本ではまだまだ一般的ではないかもしれません。しかし世界の潮流として、これらの仮説検証を重視する概念を経営レベルでビジネスに導入する動きがあります。

たとえば、先日IBMがデザイナー1500人導入してデザインシンキングに本腰をいれるといった発表が話題になりましたし、金融機関やコンサル会社がデザインファームを買収する動きがあります。日本でも三井住友銀行がUX人材を募集していたりと注目が高まりつつあります。

私はSWではじめて「検証」を学びましたが、こうした検証に重きをおく事業の進め方がいずれはスタートアップの専売特許でなくなり、あらゆる企業で導入される日が近いのではないかと思います。逆に言うと、そういう考え方のできる人が重宝され、生き残る世の中になっていくのではないでしょうか。

私の場合、方法論を学ぶよりも、実践が何よりも腹落ちしました。もしこの記事を読んで「検証」について気になった方は、ぜひStartup Weekendに参加されることをおすすめします。FinTech, AgTech,地方創生などテーマがある場合もあるので、興味あるテーマの時に参加してみてもいいかもしれませんね。