私的バトル Medium vs LINEBLOG(2016年11月)

11月からMediumで投稿している。

最近までBlogger(Google)、livedoor Blog(LINE)、はてなブログ(はてな)などを試した。現時点では、Mediumの快適さに大満足。

Mediumの快適さのひとつは、スマホとPCの連携のスムーズさにある。

PCベースで発展してきた老舗のブログサービスは昔のデザインをひきずっている。一方、あとから追加したスマホアプリは、最近のデザインのトレンドを反映している。同じブログサービスなのに、デバイスによる違いに違和感を感じてしまう。また、なかには、スマホで書いた場合、PCでスムーズに編集できなかったりする。

その点、Mediumはマルチデバイス設計。デバイスをまたがって編集する想定なので、私の投稿スタイル(1)スマホで下書き、(2)PCで校正、にとって相性がいい。

Mediumにはさらに強力に投稿を支援するアプリがある。テキストエディタアプリ、「iA Writer」(後述)。

2つの組み合わせはすばらしく、さらに快適さは増している。スマートフォンをベースにした発信環境は私史上、最強になった。

その矢先、LINEBLOGが一般向けに開放された。

私も早速使い始めた。急速に一般ユーザーも増えている。

LINE BLOGはスマートフォンアプリからしか投稿できない。PCでのブログ投稿に慣れている方には、その時点で否定的かもしれない。その分、スマートフォンへの最適化は高い水準にある。

困った。

どちらもスマートフォンベースの発信手段として快適。

私の脳内では2強状態になっている。宇宙から襲来したキングギドラ(Medium)に、国産のパワーアップしたゴジラ(LINE BLOG)が戦いを挑むシーンを想像してほしい。

情報を整理して、どちらを軸に発信するのか決定したい。
私的バトルとは、私の中で№1を決めるという意味だ。

まず、書きやすさから。

Mediumの書きやすさ=iA Writerとの協力コンビ

Mediumのスマートフォンアプリ(Android版)は使いやすい。 デザインは洗練されているし、アプリの機能は書くことに特化している。

ただし、この投稿は「iA Writer」というアプリで書いている。シンプルなテキストエディタで、Mediumとの組合せたときの相性は抜群。

このアプリがいいのは、

文字数カウント
マークアップ可能(例えば、見出しを定義するH1タグを設定すると、そのままMediumにExportできる)
MediumやWordpressに出力できる(出力先ではDraft・下書きに入る)

といった機能が充実している。

従来、スマートフォンでは長文が書きづらいという指摘を、ライティング専用アプリで解消しようとしている。

LINE BLOGの書きやすさ=スマートフォン・ネイティブ

では、LINEBLOGはどうか。
iPhoneとAndroid向けアプリが提供されたばかり。アプリからしか投稿できたい。

LINEBLOGのアプリは、Medium 同様にブログを読む機能から始まる。画面下に5つのタブ。

中央にある投稿ボタンを押すと、(1)上半分に入力スペース、(2)中段に文字装飾などのボタン、(2)下半分にソフトキーボード、というレイアウトが表示される。

このインターフェースで文章を書いたあと、レビューボタンで、他の人からどう見えるかを確認してから投稿していく。

LINE BLOGもまた書きやすい。

それでも、Medium+iA Writerの方が、LINE BLOGを微妙に上回っている。PCで最終的に校正するという私のスタイルとの相性によるものだが。

(ふと、iA WritterがLINE BLOGと連携したら、長文プラットフォームとしても強力かもしれない。)

MediumとLINE BLOGのサポート体制

気になるのは両プラットフォームのサポートに対する考えかた。

というのは、スマーフォンのアプリは、細かいバグが出やすい。どれくらいサポートしてくれるもとても気になる。

実際、Bloggerなどのアプリは、レビュー上にクレーム(このレビューの使い方がいいとは思わないが)を放置しているケースがあるからだ。

サポート体制を評価するために、両者の発信力を見る。

Medium=Medium Japan 公式ブログあり

Mediumは海外サービスながら、Medium Japan 公式ブログがありMedium の最新情報を発信している。

最近は発信頻度も上がり、積極的にMediumの日本ユーザーをサポートしている。

LINEBLOG=中の人、佐々木大輔氏本人が発信

LINEBLOGはLINEの中の人、佐々木大輔さんが積極的に発信している。

新しいサービスだけに、LINEBLOGに対してさまざまな意見が発信される。誤解されているものには丁寧に説明し、ときに反論もする。

この組織を超越した、個人的なサポートがある限り、応援したくなる。

サービスに関わっている人の想いの強さや熱さが、サービスに大きく影響する。というわけで、サポート体制ではLINEBLOGがMediumを上回っていると思う。

(追記)このあたり、LINEの田端さんもサポートについて触れている。

「LINE田端氏が「お客さまと本当の友達のように話す」ことを勧める理由」

http://www.sbbit.jp/article/cont1/32895

結論

というわけで、書きやすさとサポート体制の2つの点で評価すると、一勝一敗の引き分け。

これからも両サービスを使ってみる。

Android版のiA Writerは無料(2016年11月時点)。