Back Home! 日本に一時帰省。

新年、明けましておめでとうございます。
今年度は初めて、海外にて年越しをすることとなりました。12月の3週目に期末試験が終わり、冬休みを通して、旅をしていました。 “友達との仲を深めること”と “いかに安くアメリカを旅するか”が、テーマとなりました。

旅の第一弾は、学生ならではのロード・トリップ!6人で車を一台借りて、バークレーからLAに行きました。途中、Monterey とSanta Barbaraに泊まりつつ行きました。それぞれ国籍の違う仲間とともに毎日、様々なことを話しながらの旅はとても面白かったです。
もちろんホテルには泊まらずに、Airbnbで節約!
Airbnbはまだ日本では浸透していないかなと思うので、簡単に説明をすると、個人の家の部屋や時には家丸ごとを“ホテル”として提供するビジネスです。もちろん無料ではなく、場所に応じた料金設定があります。(Airbnb: https://www.airbnb.jp/)

LAの旅のあとは、この旅で一緒だったOliverと二人でNYへ。バークレーから同じ時期に友人が10人ほど来ていたので、一緒に年越しをしました。久しぶりにコロンビア大の友達にあったり、前回行けなかった場所にいったりしました。特に良い経験となったのはハーレムです。ハーレムは、アフリカン・アメリカンの文化がとても強い地域です。普段なかなか感じることのできない雰囲気に圧倒されるとともに、そこに住む人々との交流が自分にとって意味のあるものとなりました。是非NYに行く際はハーレムをお勧めします!
下の写真はコロンビア大に通う友人と約1年ぶりの再会!

さて、昨日、1月7日より日本に一時帰省することとなったのですが、理由は二つです。一つは成人式!福島県では町ごとの成人式文化がまだ強く残っています。一生に一度の節目となるので、自分の気持ちを新たにする意味において良い経験かなと思いました。もう一つは、留学中に日本に帰ったことのある人の言葉です。一度留学中に日本を見るのは有意義な経験になるとのことでした。理由は、 “長期間海外にいたあとに日本に帰ると新たな発見ができる。そして、その後もう一度向こうに戻ることでさらにアメリカだけではなく日本について知ることができる。”とのことでした。

帰国初日から実際にその通りで、昨日はとても不思議な気持ちでした。簡単に三つほど紹介します。

まず、一つ目は、当たり前に思うかもしれませんが、
日本人しかいないことです。本当に不思議な光景に感じました。
アメリカでは様々な人種の人々とともに生活するのが当たり前になっていたため日本人しかいないことに少し驚きを感じました。

二つ目は、人と人とのコミュニケーションです。
特に買い物をするときに感じました。親切。その一言に限ります。笑
アメリカ人が親切ではないのかというとそれは全く違います。スタイルが違うだけだと思いますが、やはり日本には日本なりの親切心というものがあるな、と強く感じました。

三つ目は、サインの多さです。
成田空港で感じたのですが、様々な案内表記が至るところにありました。この丁寧さは、やはり日本の特徴なのかなと思いました。

今年度は、 “深める一年”を豊富に頑張っていきたいと思っています。
良い一年にしましょう!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.