自分の音か 誰かの音か
Akemi Asahina
131

魂の奥底から、魂の奥底へと、低く、長く、響き渡る言葉の波を、放ち続けたいものだと、日々夢を見るのです。