プロセスを共有するといつしか「共感」が生まれるもの

「指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術」を読んだ。

タイトルは、本書からの抜粋だ。このようなビジネスの重要な要素を常にハイレベルに遂行しているホステスさんの技術を紹介している。

僕も仕事の中でプロセスを共有することを意識しているが、それは説明責任を果たすためだと思っていた。結論だけ言われても訳がわからないので、順を追って説明していた。

だが、それだけでなく「共感」を生むというのは意外だった。

料理番組しかり、目の前で料理されている様子をずっと見ていると、その料理を食べたらどんな味だろうか?と思うがあまり、食べたい気持ちでいっぱいになってしまいます。アイランドキッチンのレストランが流行るようになって久しいですが、調理のプロセスを見せることが、視聴者の脳内にのいては味の一部になるわけです。

確かに。情報共有は共有する側からされる側へ一方通行になりがちだけど、やり方1つでチームを巻き込めるんだ。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.