miss you

川のほとりの青年と犬のお話です。青年は洞窟シチュエーションの「Come To Me」に出てきた子です。彼の名前は意富加牟豆美命(おおかむづみのみこと)といいます。

先日ここでも書きましたが、お世話になっている方の、一緒に暮らしていたワンちゃんが急に眠ってしまいました。本当に大好きな子で、あまりに突然の別れでした。
小さい頃から「死」というものに向き合うことが何度かありますが、いつまでたっても、その別れ方には慣れることは出来ません。そんな時に、眠ってしまった人や存在の思い出話をすると、悲しみは消えないけれど、その思い出が明日を生きる力を与えてくれます。言葉と思い出が心を慰めてくれます。
先日、飼い主さんとお話をしました。お互い泣きながら、その子の思い出話をしました。「本当に可愛がってくれてありがとうね」と、涙を流しながらも微笑んでくれた飼い主さんの強さに、飼い主さんが一番辛いはずなのに、勇気付けられてしまいました。

僕がそちらに行った時は、また遊びたいです。覚えててくれるかな。あなたがいなくて寂しいけれど、出会えて本当に良かった。良い夢を。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.