習慣化の強制で習慣を壊す

「ゲームの時間は無制限」「ただし1日☓匹ゲットをノルマ」「結果報告は毎日義務」「義務を怠ったら叱責」という方針に転化。最初は息子さんも大喜びだったらしいけど、休日も「ほら! まだポケモンやってないぞ!」と言われるうちに徐々に飽き、無事サッカー少年に転向した(via @coyo54

面白い話だ。これは珍しい方針だけど、ちょっともじってよくある方針に書き換えてみよう。

「勉強の時間は無制限」「ただし1日問題集○ページをノルマ」「結果報告は毎日義務」「義務を怠ったら叱責」という方針

こんなのもいいかも知れない。無事サッカー少年を廃業させることなんかもできそうだ。

「練習の時間は無制限」「ただし部活練習は毎日参加をノルマ」「結果報告は毎日義務」「義務を怠ったら叱責」という方針

モチベーションがあるときは、習慣化を助けてくれる人がいると嬉しい。できればゴールだけじゃなくて、日々のノルマにも意味づけができてるともっと手助けしてもらえることが嬉しくなる。でもモチベーションがなくて、日々のノルマの意味がわからなければ、その人の存在が苦痛になる。

動機付けができていれば「習慣化の手助けと見守り」だけど、それがないと「ノルマの強制と監視」。モチベーションをマイナスに振るから、習慣化に役立たないどころか、すでに習慣になっているものを壊すまであるらしい。