寿司桶の盛り方・・・

弊社渾身(原価的に)の力作、富岳。

5人前で50貫、重い重厚感のある陶器・・・多分この値段でここまでする仕出し料理屋はあまり多くはないでしょう。

ですが!

割と頑張ったはずなのですが、評価が芳しくありません。

オケが小さいのか?

盛り付け方が悪いのか?

こうしちゃいれねえとばかりに旧知の素晴らしいお寿司屋さんにお願いして、プロトタイプを作っていただきました。

大きさはふたまわりさんまわりほど大きく、お寿司の並び方も放射線的というか幾何学的な美しさがありますね。

これの方が断然美味しそう。

ここにネタとして何を入れていくのか。上巻きもいいだろう、とにかくワクワクします。

良いものができそうです。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.