勉強する理由

営業して、千葉のドラッグストアでビタミン剤が100個追加で売れる販促施策を思いついて実行すると、売上が立って、売上の10%くらいの人件費の分だけ雇用が生まれます。雇用により家計所得が増えて幸せな家族の顔が増えます。営業に向かう電車の中で、この顔を思い浮かぶ事でやる気が出るため、勉強しているのだと思います。理解して、想像力が働くと、何気ない日常を前向きに捉えることが出来る気がしています。

理論や定石を勉強し、効果的に意思決定やアクションを取ることで、自分やチームのパフォーマンスが向上し、自分たちやお客さんが更に前向きになってもっと頑張ろうという気持ちにもなれます。

大学院出願を控えて、少し振り返りをしてみました。昔は仕組みがわかること自体に喜びを覚えて、今もそれは変わりませんが、最終的な人の気持ちや行動の変化に心が動くようになりました。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.