react-rails のコミッターになりました

いま受けている案件の開発で、フロントエンドに React を使っていて、サーバーサイドは Rails で実装していて、SSR するために使っている react-rails という gem があるんだけど、この gem の一部の機能が地味にバグっていたりして、何度か Contribution しているうちにメンテナーにならないかと誘われて、コミット権を貰えました。

React Community からの招待メールが届く

react-rails は @reactjs organization の repo なので、メンテナーは Member になるみたいです。ちなみに Owner は Facebook の社員の人がやってるっぽい。

こんな感じでメンテナーに誘われました

react-rails は今回の案件の開発で重要な部分を担っている gem で、今後もメンテが継続されないとプロジェクト的に困るし、この gem のためなら多少なりとも労力を割いても良いと思っていました。react-rails はシンプルな gem で、役割もはっきりしているし、これ以上の機能追加とかをする予定は特にないんだけど、今後も例えば Rails 6 の対応とか、Webpacker 4 の対応とか、あるいは React の新機能を取り込んだりなど、継続的にメンテナンスを続けていければと思っています。