スタートアップの採用に役立つ「パフォーマンス・ベース・インタビュー」の質問の一部翻訳

Work Rules を書いた Google のラズロ・ボックは「非構造的面接の決定係数が 14% しかない」という論文を挙げています。つまり、多くの人が面接でやってしまっている、行き当たりばったりの極めて主観的な面接のやり方(「あなたの長所はなんですか」といった質問や、面接官が個別ばらばらに行う質問等)は、入社後のパフォーマンスの予測にはあまり役に立ちません。

代わりに有効なのは、ワークサンプルテスト (29%)、一般認識能力テスト (26%)、構造的面接 (26%) です。それぞれ非構造的面接の約 2 倍程度、採用後のパフォーマンスの予測能力が高いとされています。そのため Google では基本的にはこれらを組み合わせながら、構造的面接を用いているそうです。そして構造的面接のための行動質問や状況質問を、特定のポジション向けに自動的につくる qDroid というツールを作っています(※ Google はしばしばやることが変わるので、今はどこまで使われているのか分かりません)。

Work Rules より

ただ構造的面接を行うときの質問の設定は大変面倒です。そこでラズロは参考例として退役軍人の面接対策の質問集を使ってみると良いとしており、「これを使えば、採用活動をただちに改善できるはずである」とまで断言しています。そこで今回はその質問集を翻訳してみました。皆さんの面接時の参考になれば幸いです。

(※本記事では現場担当者向けの面接質問の一部しか出していません。マネージャー向きやエグゼクティブ向きの質問も含めて、約 100 問の質問の全訳はしていますのでそのあたりは個別にお問い合わせ下さい)

これらの質問は基本的には PAR (Problem, Action, Result) で構成されており、面接者に過去のストーリーを話してもらいやすい構造になっています。PAR の構成さえ知っておけば独自の質問を作れると思います。


クリエイティブシンキング

  1. 過去1年間に上司に提出した2つの提案について教えてください。どのようにアイデアを思いついたのですか?何が起きましたか?その後の物事の進みについてどのように感じましたか?
  2. あなたのユニットの作業の「質」を向上させるための提案をしたときのことについて教えてください。あなたのユニットの「効率」を改善するための提案をしたことについて教えてください。
  3. 同僚が良いアイデアを持っていて、あなたが同意したものの、誰も聞いてくれなかったときのことについて教えてください。どのようにその状況を扱い、結果はどのようになりましたか?
  4. 「アウトサイド・ザ・ボックス(既存の枠に当てはまらない思考)」で考えたアイデアをどのように生み出したか、例を挙げてください。またそのアイデアはどのようになりましたか?

カスタマーサービス

  1. 怒っている顧客に対処しなければならなかった時の特定の例を挙げてください。何が問題で、結果はどうでしたか?状況を緩和させるためのあなたの役割は何でしたか?
  2. 職場で誰かがサポートを必要としていることを実感した状況を教えてください。他の人がサポートを必要としていることは何で、あなたは何をしたのですか?その結果はどうでしたか?
  3. あなたが同僚をサポートした状況を教えてください。状況はどうでしたか?あなたはどう関わって、結果はどうでしたか?
  4. 困難な顧客の苦情を解決した特定の出来事について教えてください。あなたは何をしましたか?結果はどうでしたか?
  5. あなたの現在の仕事では、社内の顧客と社外の顧客は誰ですか?具体的には、社内の顧客からどのように満足度フィードバックを得ますか?具体的には、社外の顧客からどのように満足度フィードバックを得ますか?否定的フィードバックと肯定的フィードバックの両方をどのように活用したかの具体例を挙げてください。

柔軟性と適応性

  1. ここ数年であなたが個人的にしなければならなかった仕事の変化を説明してください。当時、あなたはその変更をどのように感じましたか?変更を行うためにあなたは何をしましたか?あなたは今変化についてどのように感じていますか?
  2. 仕事で新たに学ぶ必要のあった最後の新しい手順について教えてください。新しい手順を学ぶのが一番難しかった点も具体的に教えてください。新しい手順を学ぶことで、あなたが一番気に入ったところを具体的に教えてください。新しい手順は現在どの程度うまく機能していますか?
  3. あなたが他の人に変化してもらう責任を負った状況を説明してください。どのような役割を果たして、どんな行動をとったのですか?結果は何でしたか?もう一度やり直さなければならない場合は、何か違うことをしますか?
  4. 同じように扱うことができなかった2人の異なる従業員に対処しなければならなかったことについて教えてください。どのようにそれぞれ対処しましたか?あなたは何をやろうとしたのですか?各従業員へのあなたの介入はどれくらいうまくいったのですか?

対人関係での有効性

  1. あなたがうまくコミュニケーションできていないと感じた状況を説明してください。どのように状況を改善しましたか?
  2. 怒っている同僚、患者、顧客に対処しなければならなかったときの具体的な例を挙げてください。怒っていた人は何について怒っていて、どのように対処しましたか?結果はどうでしたか?
  3. 上司にとって困難で不愉快なアイデアを効果的に伝えることができた時のことを教えてください。何があなたのコミュニケーションを成功させましたか?
  4. 技術用語を理解していない人に、複雑な技術的問題をどのように説明していますか?技術的専門用語が分からない人たちと交流するには、どのようなアプローチが必要ですか?
  5. あなたがよく働く人々のグループが深刻なコンフリクトを起こしていた状況の具体的な例を挙げてください。何についての対立でしたか?あなたはどのようにコンフリクトに巻き込まれ、結果はどうでしたか?
  6. 仕事で良い関係を築くことは難しく、それが常にうまくいくとは限りません。可能であれば、困難な人との良好な関係を築くことができなかった時のことを伝えてください。どのように状況に対処しましたか?そしてあなたはどのように仕事を達成しましたか?

組織でのスチュワードシップ

  1. 以前の仕事でやったことの2つの事例を挙げて、熱心に働くことへの意思を示してください。
  2. 仕事を終わらせるための近くでの監督やサポートがない状態で、仕事をする時があります。あなたがそのような状況になったとき、そして仕事がどのようになったかを教えてください。
  3. あなたの組織を守ったときの例を挙げてください。あなたはそれをどう感じましたか?あなたはどうやってそれをやりましたか?他のメンバーの反応はどうでしたか
  4. 組織の目標を達成するためにチームのメンバーとして勤務した時期のことを教えてください。あなたはどのような役割を果たしましたか?またチームがどのように協力し合っているか説明してください。結果はどうでしたか?
  5. 同僚が重要な個人的な問題を経験してそれが仕事に影響を与えていたときのことについて教えてください。同僚を援助し、彼らの状況を助けるためにあなたは何をしましたか?あなたの努力は成功しましたか?あなたは彼らが成功したかどうかどうか、どのようにして知りましたか?

個人の熟練性

  1. あなたの仕事で成長するために過去2年間にあなたがした3つのことを挙げてください。
  2. あなたがネガティブなフィードバックを受けて、それをポジティブに変えた時を説明してください。
  3. あなたは現在どのような自己開発活動を行っていますか?
  4. 潜在的な問題を予期し、予防措置を策定した時のことを教えてください。
  5. スタッフや同僚の成長と発展に貢献したときの状況を説明してください。その時のやり取りとその成果という観点から、あなたの役割について具体的に説明してください。

システム思考

  1. あなたが現在行っている仕事は、あなたの組織の使命と目標を達成するためにどのような影響を持っていますか?あなたの仕事は重要だと思いますか?はいの場合、なぜですか?いいえ、なぜでしょうか?
  2. あなたが仕事の期待値を上回っていた時を記述してください。特別な努力を払う動機は何だったのですか?仕事が終わったとき、どう思いましたか?余分な努力をしていたことを他の人は気付いていましたか?あなたはどのようなフィードバックを得ましたか?
  3. 顧客へのサービスの全体的な改善を起こすために、あなたのチームが余分な義務を負ったり、他の犠牲を払ったり(勤務時間を変更するなど)する必要があった時期について教えてください。どのように変化を感じましたか?あなたは、変化について同僚や上司に何と言ったのですか?あなたは今変化についてどのように感じますか?顧客により良いサービスを提供できましたか?
  4. 現在の仕事で、あなたが行った組織改革や貢献の中で誇りに思っているものはどのようなものがありますか?あなたはどうやって改革を行ったのですか?改革の影響はどのようなものですか?

テクニカルスキル

  1. あなたが問題を解決する上で良い判断と良い意思決定を行った時の例を教えてください。
  2. 0 が知識やスキルなし、10が以下のエリアで平均以上の能力を持っているものとして、以下の領域における自分のスキルを 0から10のスケールで評価してください。(約 10 の領域を挙げる。たとえばタイピングや仕事の処理といった特定のスキルから、交渉やコンフリクトの解決といった高度なレベルのスキルまで)
  3. 現在の現場で技術スキルをどのように使用したかを例に挙げてください。
  4. あなたが今インタビューを受けている仕事と、自分の知識とスキルについて知っていることを比較してください。 仕事の期待に応えるためには、どのような分野をさらに伸ばしていく必要があると思われますか?

以上です。詳細は U.S. Department of Veterans Affair を参照してください。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.