スタートアップの T2D3 (Triple, Triple, Double, Double, Double)

アイデアコンテストに出すときなど、数年後の売上規模感を考える必要があるとき、どれぐらいのスケール感で考えれば良いのかと聞かれる時があります。

そんなときは「T2D3」という用語を紹介しています。Product-Market Fit 後、Triple, Triple, Double, Double, Double で売上が毎年伸びていくの良いSaaS スタートアップである、というのが Battery Ventures の Neeraj の指針です。

つまり Product-Market Fit 後は「5 年で 72 倍」の売上を達成するスピード感とスケール感がスタートアップには求められている、ということになります。

実際、Marketo, NetSuite, Omniture, Salesforce, ServiceNow, Workday, Zendesk など、優良な SaaS スタートアップは T2D3 に近い推移で $100M (約 100 億円) の売上を達成しています。

https://techcrunch.com/2015/02/01/the-saas-travel-adventure/

最近 Unilever に 10 億ドルで買収された Dollar Shave Club も 2012 年のローンチ後、

  • 1年目: $4M
  • 2年目: $19M
  • 3年目: $65M
  • 4年目: $152M
  • 5年目: $260M (予想)

の売上だったと言われています。SaaS ではありませんが、T2D3 にかなり近い感じでの推移です。

なのでアイデアを考えるときも、理想的にはこの T2D3 のスケール感とスピード感が求められると考えて 5 年後の売上を推定すると良いのではないかと思います。もちろん PMF に至るまでの時間も考えなければいけませんが、一つの参考にしてください。

参考

Revenue ベースの PMF の考え方は以下の記事が参考になります。

Like what you read? Give Taka Umada a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.