Jan. 10, Guide to Seed Fundraising

シード段階の fund raise のガイドライン。かなりコンプリート感があります。なぜ資金調達するのかから Convertible Debt、SAFE などの解説まで。さらに Crowdfunding などでの調達に関しても書いてるほか、必要なドキュメントの話も。あと最後の fundraising rules もまとまっててよいですね。

YC の組織体制の変更。Sam が一歩引いて全体を見つつ、他のパートナーがそれぞれの責任範囲を明確にする、という感じに。従来の YC は YC Core って呼ばれるんですね。

GS による 2015 年の 10 のチャート。CAPEX の IT の伸びの話(ていうか IT 系とヘルスケアしか伸びてない)とエネルギーの低下っぷりが凄い。あと2つ目の ex-China と ex-Japan の図は Y 軸がちょっとずるいものの、言わんとしたいことは分かります。エマージングマーケットは国ごとによって GDP が違いすぎるのが凄い。これは良い図だなと思います。

ソフトウェアは「規模の経済」じゃなくて、小さければ小さいほど良いという diseconomies of scale があるよね、という話と、そこからバッチサイズは小さくしようと。なるほどなと。ただし開発が終わってからは規模の経済性がきいてくる。

実際にアシスタント系のスタートアップを立ち上げて失敗した人の Magic+ への評。いろいろ課題があって潰れた、というのがよく分かります。自動化の難しさや個人の生活にどうやって入り込むか。

ちょっと前に話題になっていた、著名デザイナーによる将来のデザイナーの職がどうなるかの予測。AR デザイナー、アバタープログラマー、チーフドローンエクスペリエンスデザイナー、等々面白いですね。Bill Buxton は “The next “big thing” is not a thing. It is a change in the relationship amongst the things. ” だからコンダクターだそうで。Director of Concierge Services は確かにありそうだなぁ。Human Organ Designer は来るのでしょうか。

Feld と同じく、利益が出てた方が資金調達しやすいですよね、と思うところです。

Upfront Ventures も VC のプラットフォーム化に取り組むとのこと。PRかーと思いました。ほかの取り組みも簡単に纏まってて良いなと。

PitchBook による 2015 年の投資のまとめ。VCのファンドサイズが小さくなっているほか、VC からの投資額も少なく (1件あたりの金額は大きく) なっている、という結果に。スライドでもまとめましたが、シードにはつらい環境になりつつあるかもですね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.