May 6, デザイナー採用

先日のデザイナー雇用のイベントに関するまとめ。Uber, GoPro, Twitter からのレッスンをまとめると、「何が必要なのか明確に理解すること」(ビジネスゴールとそれを達成するためのクリティカルなデザインスキルをリスト化するとか)「創造的なやり方で候補者を探す時間をコミットする」(リンクをポストするとかじゃなくて、普通じゃないやり方で探す)、「大企業と競うのを怖がらない」(スタートアップにはユニークな advantage があるはず)。

YC と TechStars の違いを両方を経験した人から。確かに YC と TS は場所も違うのでなかなか両方経験することはないかも。TS のほうがプログラムとしてはソリッドでローカルに根付いている、というのは確かになと。まだ初期段階のスタートアップだと、ストラクチャされててメンターが強い TS のほうがよくて、Product/Market Fit 済みで fundraising 狙いなら YC のほうが良いのでは、とのことです。あと SV コミュニティに入りたいなら YC だよね、というのも確かに。

なぜ user onboarding に注力すべきでないか、という話。onboarding よりも WOW moment の作成に注力するのと、スケールしないことをしよう、具体的には新規ユーザー全員と話し、既存ユーザーからプロダクトの好きなところを聞き、登録したけど何もしてない人にはちゃんとリーチして、トラッキングしよう、という提案です。

B2B の unicorn がどういう特徴を持つのかを簡単に分析した記事。大きなマーケットになる可能性があって(既存の大きな市場を攻めていて)、新規性のあるプロダクトで、優位性がある、というまあ当たり前な分析。

テクノロジ系企業はデータに基づいた製品開発が得意だけれど、共感 (empathy) も重要だよね、という Stripe のツイートから発する投稿。顧客のフラストレーションを締めとしたエモーションを一緒にどうやって感じるかといえば、まあプロダクトを使うしかないよね、という。結構な割合で自社のプロダクトを使っていない、というのは身に覚えがあるというか。

Ed Zimmerman による、HBS のトークでやったエンジェル投資についての話まとめ。エンジェルは経済的合理性を持った人ではないとか、スライド (deck) を見たいんじゃなくて DECS (Drive, Energetic, Charismatic and Smart people) を見たいんだとか、1年以上知っている人にしか投資しないとか。

http://blogs.wsj.com/accelerators/2015/04/10/weekend-read-the-economically-irrational-view-of-the-frothy-tech-market/

Unicorn じゃなくて永続的な企業になることを狙え、というもっともなご指摘。シリアルアントレプレナーは目的のない若いうちには羨ましく思うかもしれないけれど、もっとすごいのは長期にわたって企業を運営している人たちだ、という。そこにすきやばし次郎の話も。

Secret 閉鎖に関する Google Ventures の Maris の反応。直前のラウンドには反対してたんですね。

VCの基本的な計算式とか。$100M の場合は IRR 20% で 10 年で結果的に $619M、6 years holding とすると $300M ぐらい。50% で失敗するとすると、$50M で $300M を稼ぐ必要があって、20社の投資としたときには10社からのリターンで6倍稼げなきゃいけないとか。

スタートアップするとき知っておきたかったことリスト。

VC による value-add の試みをする際に重要なポイントとして、ステージとセクターのフォーカス。early とgrowth だと求めるものが違うし、セクターもそう。

先日の Ben Horowitz の Slack への投資に関する講演のまとめ。accident で投資したというのは面白いですね(Slack の前身のゲームの時に投資してた)。若い人がよりイノベーティブになるのは、前提がほとんどないからだとも。

噂の Salesforce 買収に関しての Tom のポスト。時価総額が $49B、Microsoft だと持ってるキャッシュの約半分で買うことになるんですね。ただこれまでスタートアップの買収に積極的だった Salesforce が買収されると、スタートアップを買う会社が少なくなるのが懸念としては残るところ。

referral program についてのメモ。各社のプログラムを分析した記事にリンクがあるので便利。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.