Nov. 27, Media and Attention

メッセージングアプリの趨勢をまとめた記事。Messaging Platform は 2018 年までに 1.1B のユーザーが増える見込み。タイでは LINE が、とは聞いてましたが、Facebook Messenger もかなり近いところまで追い上げてるんですね。このままだと東南アジアは FB Messenger にひっくり返されるかも。インドネシアとマレーシアは Whatsapp が優勢。あと中東とアフリカも Facebook と Whatsapp が強し。あとメッセージングプラットフォームの上で ARPU も結構高くて素晴らしい。

上記の記事の元となったスライド。こっちのほうが色々なトピックをカバーしています。話題になってた記憶があるので見たことある方も多いかも。どちらかというとメディア業界の人向けかなと。

どの valuation でどれだけ資金調達すべきかのおおよそのガイド。「valuation は調達額の 3–4 倍」「次のラウンドのサイズは一個前の 5 倍程度」「15 ヶ月以上経営できる程度の調達額」と、今の時期だとそんな感じかなと。Series A 以降の参考に。

Facebook の文化の拡大について。5 年で 2,000 人弱から 12,000 人まで従業員が増えてるというのは凄いなと。気にしてるのはやはり採用まわり。リファラルプログラムは有効。”Smart people generally want to work with other smart people on hard problems,” というのはそのとおりだなと思います。

Medium のプロダクトについて。思想から構成まで。社内に SQL ツールが有るの面白いですね。あと HATCH というインターナル用の Medium を使っていたり、あとトップ画面のストリームの作り方とかも面白い。

Buffer の新しい給与計算について。(Role * Experience + Dependents + Choice) * loyalty で計算。Role は標準賃金とロケーション、生活費などから。Experience はラダーを設定。あとは家族や勤続年数、stock or cash のチョイスから。世界中に散らばるリモートチームだからこそ、こういう標準化は大事なのかもしれませんね。あと給与設定の背景にある思想 Good Life Curve の話も面白い。あと計算機付き。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Taka Umada’s story.