Oct. 26; VC 環境の変化 disruption

VC の経済的インパクトを調べた Stanford の調査結果。4,063 の public 企業に対して 710 (18%) が VC-backed。これは少ないなーと思ってたら 1979–2013 に設立された 1,330 企業のうち 574 が VC-backed と期間を区切ると VC-backed の影響は大きめ。そしてこれらの企業が 57% の maket capitalization と 38% の雇用を産んでる、というのがすごい。結論としては、全体の投資額の 0.19% という小さな資本を用いて重要な企業を産んでる、という見方に。しかし 1979 年からの期間で区切っちゃうと IT 産業のバイアスがかかりまくる気もします。とはいえその貢献度は素晴らしい。

10月に大きな変化のあった YC と AngelList のインパクトの分析。AngelList のほうは徐々に LP の VC 中抜きが始まっているというか、AngelList というソフトウェアが従来 VC がやっていたようなレポーティングやメトリクスの解析、バックオフィスの業務を自動化して、LP が直接スタートアップに関われるようにしているんだ、という見方はなるほどなと。さらにそれに加え CSC からの資金量が追加されて、VC は怖いだろうなと(エコシステム全体はよくなってると思いますが)。あと確かに AL の syndicate に行けばミーティング少なくて済むので起業家側からしてみれば楽ですね。

YC は YC Continuity。Series A, B あたりは signalling を避けるためにしない、というのは賢いなぁと。一回それに似たモデルができないかという話は近隣で持ち上がりましたが、それをやっちゃうのがすごい。さらに YC Research と YC Fellowship で幅も取る、というのがさすが。Research -> Fellowship -> YC Accelerator -> 別の VC -> Continuity という、理論上は綺麗な流れができてます。

SV の VC 環境の変化と VC の disruption について。VC がその労力との ROI と確実な儲けを期待して later に行けば行くほど、seed は angel (AngelList) や YC といったところが行い、創業者たちへの影響力は seed 側のほうが大きくなる。seed より早い段階にリーチしようとしているところ。それを AWS を比喩に用いながら説明する、という記事。a16z の最も大きな貢献はやっぱり Biz Dev エリアなんですかね。

VC のよくあるミスは何か、という質問に対する回答は「クオータに達しようとすること」。年間 1,000 件ミーティングして忙しくても、ハイリターンのスタートアップに会えなければ意味がないし、最初は良いディールフローを持っていないので苦労する、というのは確かになと。

平凡な VC はベストなオポチュニティを選ぶ、ベストな VC は potential unicorn に選ばれるようなプラットフォームなどを作るそうで、私がスタートアップだったらどの VC を選ぶか、と考えるとなかなか難しいなと思います。

LAUNCH Incubator によるベストなアクセラレータの条件。「小さなクラスサイズ」「投資家への早期アクセス」「カリキュラム」「プロダクト開発支援」「デモデー後のサポート」。あまり代わり映えはしませんが。

YC は大きくなりすぎた、と言ってて、私もあれは賭けだなぁとは思いますが、逆にアクセラレーターが小規模であり続けようとするのは、スタートアップにグロースしろと言っている人がグロース狙わないという形になってずるいとは思いますけどね。質を取るか量を取るか、という話はありますが、YC は質を高めてから量をとりに行ってるので悪い話ではないかなと。

Zachary が YC ではなく StartX を選ぶ理由はやはりアーリーアクセスなんですね。

http://www.bizjournals.com/sanjose/blog/techflash/2015/09/why-vc-george-zachary-prefers-startx-to-y.html

PitchBook によるスタートアップの輩出数の大学別ランキング。Undergrad は Stsnford、MBA は Harvard が一位。どちらも一位は 5 年で 500 社程度輩出してるので、学校単位で見てみれば 1年 200 社ぐらい(grad の他の学部とかからも出てるでしょうし)あるんだなと。その層の厚みはすごい。ちなみに VC-backed のところでだけみたいです。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.