Sep. 26

Stanford の CS183C “Blitzscaling” のエッセイ。まだ公開されてないのでサマリー代わりに便利なので。The goal of the class is to document and share the knowledge of Blitzscaling to the participants in this class and to the rest of the world. とのことで、シリコンバレーの知恵を共有してくれるそうで楽しみです。最初の検証フェーズにはあまり触れず、その後のスケーリングのところに注力するとのことなので、CS183B の後には確かに良いのかもですね。
最初は org のスケールの話。family とか tribe とか名前をつけてるところはユニークだなと。最初のフェーズはとにかくプロダクト。戦略とか解析とかはどうでもいい。

デザインのレイヤを product, interaction, visual の 3 つに分けて、どういうリスクの時にどのデザインに注力すべきかを解説。たとえばマーケットに受け入れられるかどうかは product design フォーカス、信頼感を産みたいのであれば interaction と visual にフォーカス、など。

Vertical SaaS の話。今後増えそうですが、winner-takes-most かつ市場規模が限られるので、そのあたりのトレードオフがどうなるかが問題という指摘。

CAD SaaS の Onshape に投資した理由。なるほどなと。

ブログも come for the tools, stay for the network で、その文脈で Medium や BuzzFeed を捉える、というのは確かにありだなと。

Seed の調達が終わったスタートアップが Series A に到達できずに死ぬ兆候は、シードマネーをゲットしたあとにハードワークが終わってしまうときであるとか、指摘に納得です。

Drone スタートアップ。Skydio 頑張って欲しいなぁと。

多くの SaaS スタートアップが onboarding、特に初回のセッションでミスっている。という指摘。おっしゃる通りだなと。

Paul Graham のエッセイのまとめ。

decision analysis をベンチャー投資に応用しよう、という記事。まあこういう風にシナリオ分けていくのは正しいなぁと思います。PMWOI はちょっと分け過ぎな気もしますが。

Moz の Customer Success のやり方。free trial からのコンバージョンしやすい人はドメインや以前までの関係性などからわかるというのはなるほど。そして CS グループに接触した人は retention が高いということが分かったので、フィードバックをしやすくしたりしてると。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Taka Umada’s story.