[スライド] 研究を加速するスタートアップ 2017

世界には様々な研究支援のスタートアップが出てきています。文献管理だけではなく、ロボットを使ったものから、シェアリングの考え方を使ったものまで、身の回りのちょっとした研究の課題を解決するサービスや、少しだけ効率化するような製品がもしかすると世界中のラボで使われるものになるかもしれません。

今回、賞金総額 100 万円のアイデアコンテスト UTokyo 1000k の参考資料として、先日お茶会で発表したスライドの一部を公開しました。ぜひテーマ部門の「研究を加速する製品アイデア」の参考にしてみてください。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Taka Umada’s story.