Little AlterBoy + Cakewalk + VoiceMeeter Bananaで低遅延ボイチェンしてみよう

MOTI Tyounan
Sep 16, 2018 · 9 min read

コスパ高めのボイチェンプラグイン「Little AlterBoy」を使って低遅延ボイチェンしてみる記事です。

インストールするソフトウェアは次の3つ。

  1. Little AlterBoy (https://www.soundtoys.com/product/little-alterboy/)
  2. Cakewalk by Bandlab (https://www.bandlab.com/products/cakewalk)
  3. VoiceMeeter Banana (https://www.vb-audio.com/Voicemeeter/banana.htm)

Little AlterBoyは30日間のトライアルがあるので、お試ししてみましょう。サイトの一番下にFree 30-day Trialというリンクがあって、メールアドレスを入れるとすぐに招待リンクが飛んできます。iLok.comのアカウントもとっておきましょう。たまにセールやってるので(夏はやってた)そのときに買えるとお得ですね!

CakewalkとVoiceMeeter Bananaは無償で使えます。

まずは、それぞれのインストーラの指示に従ってインストールしておいてください!

1. VoiceMeeter Bananaの設定

インストールが終わったら、まずはVoiceMeeter Bananaを起動します。

Image for post
Image for post
VoiceMeeter Bananaの画面。なかなかの情報量ですね。

まずは出力デバイスを選択します。右上にあるA1ボタンをクリック。

Image for post
Image for post

AG03などのオーディオインターフェースを持っていて、ASIOが使える場合は、該当するASIOのデバイスを選択しましょう。

ASIOに対応していないデバイスの場合は、WDMが先頭についているデバイスから出力デバイスを選びましょう。(他のKSやMMEは互換性のために残されています)

次は、左上のHARDWARE INPUT 1の文字をクリックして入力デバイスを選びます。ASIOの場合は選択する必要はありません。

Image for post
Image for post

WDMのうち自分が使っているマイクを選択しましょう(Riftのマイクも使えそうです)

この状態で、デフォルト設定のままであれば自分の声がループバックして聞こえるはずです。(くれぐれもスピーカーで試さないように。ハウリングします)

Image for post
Image for post

下記画像のように、左下のA1ボタンをクリックしてしまっていると、A1出力チャンネルに音声がルーティングされずに聞こえません。もう一度クリックするとルーティングが有効になります。

Image for post
Image for post

自分の声が聞こえるのを確認できたら、次はMenuボタンをクリックして「System Settings / Options...」をクリックします。

Image for post
Image for post

このような画面が開きます。

Image for post
Image for post

下のほうにあるPATCH INSERTのin1 Leftとin1Rightのワイヤー?をクリックして下図の状態にします。

Image for post
Image for post

これでVoiceMeeter Bananaの設定は完了です。

あとは、WDM入力デバイスを使っている人は WDM Input Exclusive ModeをYesにすると自分の声の遅延が少なくなるかもしれません。(バグあるかもみたいな警告はでますが…)

WDM入力デバイスを使っていて、自分の声がノイズまみれになる場合は、Buffering WDMの数値をクリックして大きな数値を選択します。

Image for post
Image for post

そのぶん遅延は増えますが、しょうがないです。遅延を減らしたければ、ASIO対応オーディオインターフェースを買いましょう。

2. Cakewalkの設定

次に、Cakewalkを開いて設定していきます。

[編集 > 環境設定]を開きます。(初期設定ウィザードが出てきたらスキップしてもいいかも)

Image for post
Image for post

オプションタブを開いて、ドライバモードを「ASIO」にします。

Image for post
Image for post

ASIOにしたら、右下の適用ボタンをクリック。

Image for post
Image for post

環境設定ウィンドウが一旦閉じて開くまで待ちます。

デバイスの選択タブで、いったんすべてのチェックボックスを外します。その後、入力デバイスと出力デバイスの両方で、Voicemeeter Insert Virtual ASIO IN#1 Leftのみにチェックボックスを入れます。

Image for post
Image for post

右下の適用をクリックして、閉じるをクリックします。(OKボタンになってたらそれでもいいかも)

Image for post
Image for post

[ファイル > スタートスクリーン]をクリック。

Image for post
Image for post

新規プロジェクトタブの「Basic.cwt」をクリック

Image for post
Image for post

こんな感じの画面が出てきます。

Image for post
Image for post

まずは、Audioトラックの空いたところをクリックして選択状態にしておきます。

Image for post
Image for post

次に、下図のインプットモニターボタンを押して有効にします。

Image for post
Image for post

次に左端のペインに移ります。

Image for post
Image for post

もしここで、声を出しているにもかかわらずメーターが動かない場合、Cakewalkに正しく音声が入力できていません。

Image for post
Image for post
メーターが動いていない
Image for post
Image for post
正常にメーターが動いている場合

この場合、よくあるのはサンプリングレートの違いによる音声デバイス取得失敗です。

環境設定のデバイスの設定タブで、サンプリングレートをVoiceMeeter BananaのHARDWARE OUTに表示されているサンプリングレートと合わせます。

Image for post
Image for post
サンプリングレートは96000Hz
Image for post
Image for post
Cakewalkの環境設定でサンプリングレートをVoiceMeeter Bananaに合わせる

これでインプットモニターボタンをポチポチすると直るはずです。

次に、左側ペインに戻って、真ん中あたりにあるステレオ/モノ切り替えスイッチをクリックして、下図のようにモノラルにしておきます。(Little AlterBoyをステレオ音声にかけると左右に不規則に振れたりするため)

Image for post
Image for post

真ん中あたりのFXと書かれた部分にあるプラスボタンをクリックして、[オーディオFXの挿入 > Little AlterBoy]をクリックします。

Image for post
Image for post

このとき、ライセンス認証のためにiLok.comのアカウント情報を入れたりなんなりします。(たしか)

ライセンス認証が終わると、Little AlterBoyのウィンドウが出てきます(ようやく!)

Image for post
Image for post

3. Little AlterBoyの設定

男声→女声へ変換する場合は、PITCHを12.0まで上げます。(女声→男声の場合は-12.0だと思いますたぶん)

Image for post
Image for post

自分の声が高くなって聞こえるのがわかるでしょうか…?

次にFORMANTを自分の好みに合わせていじります。ここは自分の声質や目的の声質に合わせていじりたおしましょう!

Image for post
Image for post

これで、CakewalkとLittle AlterBoyの設定は完了です。

4. OBSやVRChatに取り込むための設定

最後に、OBSやVRChatへボイチェン後の音声を取り込むには、Windowsのサウンド設定から「VoiceMeeter Output」を既定のデバイスに設定すればOKです。(OBSやVRChat側でこのデバイスを選択してもかまいません)

Image for post
Image for post

5. まとめ

以上で、Little AlterBoy + Cakewalk + VoiceMeeter Bananaを使ったボイチェンができるようになりました。いろんな方法がありますが、低遅延かつコスパよく(お試しなら無料で)、良質にボイチェンできるかと思います。ただ、設定項目が多いので、トラブルシュートはすこぶる大変です。

CakewalkというDAWを使うので、さらにVSTエフェクトを追加してもっと聞こえやすくすることもできます。自分はNS1 Noise SuppressorをLittle AlterBoyの前に入れて、あらかじめノイズ除去しておいたり、後段にコンプレッサーを入れて音量を揃えたり、ディエッサーを入れて「さしすせそ」の歯擦音を軽減したりしてます。ついにはVoiceMeeter Bananaを介さずにハードウェアでルーティングできるRME Babyface Proを買って超低遅延を実現したり…完全に沼ですね。

それでは、よいボイチェンライフを!

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store