【Udemyの謎に迫る】Udemy「ユーデミー」の生徒、教師になるためのわかりやすい方法

2016.1.13 Terry Terashita

様々な市場の中でいろいろなイノベーションが生まれる中、IT×教育の市場、通称「Edtech」は現在世界中で注目を集めるようになりました。移動インフラ、通信インフラの発展で、世界の様々な”距離”が迅速な速さで近くなっています。GSのGlobal ECS Reserch によれば、世界がより、”平等になる”という理解が正しいとの予測があります。Udemyはそんな中、現在オンライン教育プラットフォームとして、様々な場所で急速に成長しています。

Udemyについて

日本語の源泉したラインナップはこちら

UdemyのプラットフォームはCtoCモデル(消費者to消費者)です。誰でも無料で、自由に教師になれるとともに、自由に生徒にもなることができます。2010年のスタート以来、2016年現在Udemyの受講者は延べ900万人、講師1万9000人にのぼります。現在までに作成されたコースの数は3万5000人で、日本語のコースもかなり充実しています。もちろん英語でも字幕がふってあるものもあったり、今後短期間でさらに充実する予定です。

1.Udemy登録方法

Udemyへの登録はもちろん無料。必要なものはメールアドレスと名前のみ。オープンプラットフォームなので、特に個人情報は必要ありません。

順序としては以下をお勧めします。

  1. Udemyに利用登録する
  2. Udemyサイトを巡回しサービスを理解する
  3. 動画教材のサンプル部分を視聴する
  4. 受講する動画コンテンツを選択する
    (無料のものはそのまま再生)
  5. クレジットカード、paypal等で支払い決済

登録完了後、画面はこんな感じになり、左のメニューで自分の受けたいコースを選びます。現在は、ITの項目以外にも、パーソナルデベロップメントや、ヘルスケア、入試対策なども充実しています。今後このブログではコンテンツの中身について深く説明していきます。ご期待ください。

豆知識1

セール商品を見逃さない!
 Udemyには、定期的にSaleがあります、とても高額の講座が半額以下になることも少なくありません。その情報を常に受診するためにも、Udemyへの無料登録を行うことをお勧めします。
・セール商品の表示方法
セール商品は、各講師との情報のやり取りの上決定するため、全てのコンテンツが同じ時期にセールになるとも限りません。
上記のURLよりUdemyのサイトに飛ぶと、現在セール中のコースがほぼ全て表示されます。

2.講師になるには?

また、Udemyでは、誰もが講師になることができます。コースを自身で作成し、受講者を獲得することで、講師として収入を得ていくことも可能になります。

しかしUdemyのプラットフォームは信憑性、信頼性を一番に考える企業です。そのため、1つ1つのコースに目的、得られるスキル、豊富な情報とともに構成されている必要があります。#ベネッセ (日本の教育期間)とも資本提携しているので、安心感をアピールすることもできます。

さらに、下記のように講師になりたい方に最適の「Udemyコースの作り方」講座も準備されています。

このコースでは、動画の取り方、音声の編集の仕方、補助ソフトの紹介、プロモーション戦略、品質基準、審査情報など、動画でとても細かく説明しています。

許可されているもの

  1. Google Hangout Airなどを利用してコースに関係するウェビナーを開催する。
  2. 自分の管理するブログサイト(コースに関係する記事、関連情報の掲載がある場合。受講生に個人情報を強要しない事が前提)

許可されていないもの

  1. メールのリストを入手する様な機能があるウェビナーツール
  2. 受講生が自分のメールアドレスを入力して参加しなければならないウェビナーツール
  3. コースに関係する記事、関連情報をみる為に受講生が自分のメールアドレスを入力しないといけないような設定のブログやサイト
  • 他のUdemyコース(自分あるいは他の講師)のリンク・紹介は禁止されています。
  • 外部の有料コンテンツのリンク・紹介は禁止されています。
  • 金銭や受講生の個人情報を要求するサイトのリンク・紹介は禁止されています。もし外部サイトのリンクを含む場合は、それらにアクセスする前に、個人情報を提供する必要がないことを必ず確認してください。個人情報の提供が任意の場合はそのリンクの掲載は許可されます。
  • アフィリエイトのリンク掲載・紹介は禁止されています。
  • 受講生の個人情報を取得する行為は禁止されています。

3.ユーザーエクスペリエンス

実は最近(特に2015年冬)あたりから、SNS、ブログでは、沢山の方にコースを始めていただいているという書き込みがありました。そのいくつかをご紹介します。

取得コース;「世界で7万人が受講!未経験からWebプログラマーになるための全て」2015年最新版←(Udemyコースにジャンプします)

取得コース;「世界で7万人が受講!未経験からWebプログラマーになるための全て」2015年最新版←(Udemyコースにジャンプします)

取得コース;Sketch 3 ←(Udemyコースにジャンプします)

取得コース;完全攻略!初心者からプロになるためのiOS 9アプリ開発のすべて←(Udemyコースにジャンプします)

取得コース;初心者からプロになるためのアプリ開発のすべて←(Udemyコースにジャンプします)


4.インターン生のリアルな声

Udemyの本社は現在カリフォルニア、サンフランシスコ、通称シリコンバレーと呼ばれる地域に存在します。そこに現在日本政府主催のプログラムで、インターンをしている者の生の声が聞けるブログができました。こちらは、ほぼ毎日更新しております。どうぞご覧ください。

http://terry-sillicon-valley-intern.hatenablog.com/?utm_source=jpterryblog&utm_medium=hatena&utm_campaign=2016013

UdemyのFacebook、Twitterでも、たくさんの情報を公開していきますので、フォローもよろしくおねがいします!


One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.