Gethのlight Clientモード+Mistによる安定したETH環境

このライトクライアントモードについて「このモードが出たの1ヶ月くらい前だし誰か書いてるだろ。」と思ってたらどなたも書いてなかったので書きます。(なんか海外でもそんなに取り上げられてない…。)

結論から言うと、ICOとかのネットワーク負荷があるときだけでなく、普段使いとしてもオススメです。

通常Gethでフルノードになるために同期しようと思ったら時間はかかりますし、容量も数GBは食われます。ですがlight Clientモードは100MB程度しか使わないのでパソコンの容量も全く圧迫されませんし、何より同期に時間があまりかかりません。たったの数分で終わります。

インストール方法

1. Mistのダウンロード

公式ホームページ又は下記のリンクから自分の環境にあったMistをダウンロードして、インストールします。

2. インストール

Mistをインストールします。そして立ち上げて画面の指示に従ってください。Use the Main Networkを選択することと、パスワードとバックアップを必ずしてください!これでこの画面が表示されたら一旦閉じてください。

これでGethがうまくインストールされていれば、次の手順は無視してください。僕はなんかうまくいってなかったので、Gethをインストールしました。

3. Gethのインストール

  • macOSの場合

ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力していってください。$の後の文字列を1行ずつ、作業が完了したら入力してください。

$/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL 
https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
$brew update
$brew upgrade
$brew tap ethereum/ethereum
$brew install ethereum
  • Windowsの場合(これ私の環境にはないのでわかりません。詳しくみたい方は公式ページを参照してください。)

https://geth.ethereum.org/downloads/から最新版をダウンロードし、展開して以下のコマンドを打ってください。

$chdir <path to extracted binary>
$open geth.exe

これでgeth helpと打って

NAME:
geth — the go-ethereum command line interface
Copyright 2013–2017 The go-ethereum Authors
USAGE:
geth options command command options arguments…

みたいなのが表示されたら成功です!

実行

それでは動かします。

$geth --light

と打ったら、Mistを起動します。そして数分経つと上のところのバーが消えて、最新ブロックナンバーが表示されていると思います。最新ブロックナンバーはhttps://etherscan.io/https://ethstats.net/で確認してください。

これで普通に使えます!あの同期地獄がないのはいいですね。

それではまた〜。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.