NachikatsuuraCho

前回の東牟婁郡に続き、

東牟婁郡を構成する町村を1つずつ紹介していきます。

今日は、那智勝浦。

※この投稿者の方もおっしゃっていますが

タイムラプスの意味ないですw

最近だとこれがパッと思いつきました。

http://www.youtube.com/embed/6qzeA0byKtY

さて、、

和歌山の南部でいうと白浜、那智勝浦は、和歌山にとって

大事な観光地です。

このふたつは、観光地は観光地だけど異なった場所

白浜は以前にも紹介しましたが

海や温泉、遊園地など、どちらかというと夏に楽しむ場所で

冬には温泉なので休養する方よく来られるマチです。

一方、那智勝浦は、参拝や温泉、景観を楽しむマチ。

日帰り旅行や宿泊、あと意外に那智の大滝を写真撮影しに来られる方もいるそうです。

まー壮大ですね。

マイナスイオンというか水が降り掛かってきますよね。

散歩とか自然大好きな人には、これええかもしれないです。

僕の場合は、歩くというより、ボーっと座ってるほうが好きなので

勝浦漁港周辺で海を眺めて朝日みて(普段は和歌山市におるので海にから朝日があがるのは新鮮!!)、そのままそこらへんで寝るってのが定番ですね。

———— — — — — — — — — — — — — — — — — —

余談ですがマチのことを調べる時って

「え、ここ何有名なん?」ってなるじゃないですか?

でね、僕はいつも日本100選とか日本一、世界初、とかのキーワードで何を強調しているのかを調べるわけです。

ということで那智勝浦日本100選

ランキング好きですよねー、あとマウンティング。

ホンマにどーでもええのw

あと

那智勝浦は、富士山を可視できる最遠の地

はい。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

本題に戻すと先ほどリンクをつけた大門坂は熊野古道のひとつです。

行く前は、南方熊楠が守った森!っていうイメージだけで

やはり行ってみると、かなり神聖な森でした。

カンボジアのアンコールワットを訪れた時とはまた違う神聖さ。

静寂・生命・呼吸、みたいなキーワードがスパーンってくるイメージでした。

是非、お越し下さい。

2014.11.30