【香港マーケティング事情3】

げ、ゲリラマーケティング。香港ならでは。日本と違って香港って本当にお店特に路面店がすぐ入れ替わります。

この間開店したなと思ったら3け月で店じまいはざら。

どうしてそうなってしまうのかはいくつか正当な理由があるんですが、知りたい方はPM下さい(^^

そしてこうやって突貫工事(退去も設営も)が始まるんですがすぐに即席広告掲示板が出来上がります。

広告主としてよく見られるのがコンサート、会計事務所、語学学校、留学指南、等々。

んでどこの業者がこれ仕切ってるのかは結構謎だったんですけど(僕らはもちろん知ってましたが責任もってお客様におすすめしにくい。汗。)
ここでは思い切り業者が晒してます。うーん認可とかとってもグレーだと思うけどもうゾンなこと言ってられないって事かと思いました。

Webサイトもあるし香港でポピュラーなメッセンジャーwhatsap使えばすぐ連絡取れる形です。面白いのが広告をけいさいする斡旋以外にも無秩序に掲示されたビラを除去するサービスも請け負ってます。なんだかマッチポンプな感じで香港チックです。

最近は地下鉄の車内広告とかみんなスマホに熱中して見やしないので(個人の実感です)大手のブランドもこういうスペースをゲリラ的に使うと面白いと思います!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.