料理研究家、土井善晴先生の『一汁一菜でよいという提案』を読んだ。

夕ご飯は妻が作ってくれるが、作って頂いているが、朝はお互い適当に食べましょう、みたいな感じで、食パンを食ったり、フルグラを食ったりしていた。「糖質制限だ。」ってんで卵とベーコンだけ食ったりすることもあった。

しかしそうすると、午前10時前からツラくなるのである。お腹が空く。「お腹空いたなあ〜。」ではなく、「気分悪。。。」みたいな感じである。

仕事中だからお菓子をつまむのだけれど、クッキー1枚では足りないのである。

できればポテチ1袋食べたいぐらいだ。

しかし仕事中なので我慢。

12時まで我慢が続くのであった。

しかし、『一汁一菜でよいという提案』を読み、朝を、米と味噌汁にしてみた。

味噌汁は、豚肉、豆腐、ワカメなどを適当にぶち込む。

すると、よい。

普通によい。

まあ、10時頃から「何かつまみたいな。」という気にはなるが、それがゆるやかなのだ。

空腹感がゆるやか。

空腹感によるイライラがない。

食パンの朝食が、空腹の急降下なら、一汁一菜の朝食は、空腹の軟着陸である。

10〜11時にクッキー1〜2枚つまめばいい感じでお昼に軟着陸できる。

お昼も、私一人家に帰るのだけれど、一汁一菜、米と味噌汁である。

お昼も良い。

弁当や、米とおかずだけだと、食い過ぎる危険性がある。

すると、午後ボーッとしてしまう。

米と味噌汁だったら、米は適量にして、汁を多めに飲めば、苦しくなるまで食べ過ぎることもない。

午後も眠くならない。

今まで、味噌汁をナメていた。

嫌いじゃないけど好きでもない。オマケみたいな。

しかし、味噌汁はよい。

体調にとてもよい影響を与える。

ダイエットに効果あるかは分かりません。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.