「AI Superpowers: 中国、シリコンバレー、新しい世界の秩序」を読んで

Yu Ukai
Yu Ukai
Nov 25, 2018 · 5 min read

月に1冊は英語の本を読むことにしていて、今月は(来月中国いくので勝手に)中国勉強月間ということで読んだ本が面白かったのでシェア。

Kai-Fu Leeという、元MSR Asia立ち上げたメンバーの一人であり、Google China立ち上げの一人であり、Weiboで5000万人以上のフォロワーを持つ人が書いた、「AI Superpowers」という本。

Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B0795DNWCF/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

AI Superpowers

時間がない人はTEDでもこの本の抜粋を話している。


中国とアメリカのスタートアップエコシステムの違い

  • 中国、勝つためならなんでもする。すごい競争。(例: Groupon IPO時には5000ものGrouponコピーがあった。WeChatやWeiboがWhatsapp/FacebookやTwitterよりよくできている理由のひとつ。
  • シリコンバレー、ソフトウェアで綺麗に勝つ。地道な作業はしない。

AIの分類

  • AIは、Internet AI/Business AI/Perception AI/Autonomous AIに分類できる。
  • Internet AIは主にインターネット上のユーザーの行動を活用したリコメンド (例: Amazonやの商品推薦、Jinri Toutiao… TikTokで有名なByteDanceのニュースアプリ… の記事推薦
  • Business AIは、よりビジネスに直結したAIの活用 (例: Yongqianbao(Smart Finance)に代表される、WeChatやその他スマホの個人データを活用したマイクロローンや、大数医达(RXThinking)による医療診断
  • Perception AIは、画像や音声の認識技術の活用
  • Autonomous AIは、自動運転に代表される、ロボットやその他機械の自動制御技術の活用
  • 中国とアメリカのではそれぞれの種類によって得意不得意がある (例: Business AIはアメリカが有利。

AIは、蒸気機関、電気、ICTに次ぐ人類4つ目のGPTs (General Purpose Technologies) …印刷とか活字の発明は忘れ去られているっぽい

  • ICT/AIは仕事の奪い方が前者2つとは違う
  • 蒸気機関、電気、deskilling manual labors (スキルのない人でも機会を使って高度な仕事ができるように -> さらなるブルーカラーな仕事の創出につながった)
  • インターネット/AI 少数のhigh skilled cognitive workers、ホワイトワーカーが、容易により多くの影響力を持てる -> 仕事の創出につながらない

どれだけの仕事が取って代わられるのかに関して過去のリサーチのメタ分析…結構幅がある

  • Oxfordの研究(2013)では47%の仕事がアメリカで10–20年以内に自動化される
  • OECDのレポート(2016)では9%
  • PwCの研究(2017)では2030年までに37%がAIに置き換えられる <- かなりいい線いっているらしい
  • 一方で、PwCの研究には産業がまるまる飲み込まれる(置き換えられるのではなく)ことが想定されていない(例: AIを活用したスマートローン、無人コンビニetc…
  • まるまる飲み込まれる産業で働く人が10%
  • 合計 37+10≒50%近くが技術的にはAIに飲み込まれる可能性があるが、法制度等が要因で10–25%程度になるのではないか
  • 中国より、ホワイトカラーが多いアメリカが先に大きな影響をうける

具体的に、どんな仕事がとって変わられるのか?

  • 仕事には大きく2種類ある。Cognitive laborとPhysical labor
  • Cognitive labor(知的労働者)は、Optimization-based <-> Creativity-or-strategy-basedとSocial <-> Asocialの2軸で分類可能。Socialであればあるほど、Creativity-or-strategy-basedであればあるほど、safe zone
  • Insurance adjusterやTelemarketerの様な、Optimization-basedでAsocialな仕事が最もはやくAI化される。Wedding plannerやTeacher、DoctorのようなOptimization-basedだけどSocialな仕事は、知識や経験はAIにとって変わられ、人間はあくまでその結果をデリバーするフロントエンドになる。
  • Physical laborは、同じくSocial <-> Asocial軸と、Low dexterity and structured environment (器用さが不用かつ、整った環境) <-> High dexterity and unstructured environment軸で分類できる。

AI時代の社会制度はどうなるべきか?

  • ユニバーサルベーシックインカムや、ワークシェアリングは適当か?お金だけ得られても、働く意義を失ったら良くないのでは?
  • 仕事がなくなった人たちに対象に、コミュニティへの貢献… 例えば街の整備や、ホームスクールの先生、に対して報酬を支払うことで、より人間らしい社会を作れないか?

要約するとこんなかんじ。最近読んだ中では最高に一番おもしろかった。

    Yu Ukai

    Written by

    Yu Ukai

    MicrosoftでPMしてOffice LensとかMinecraft Educationとか開発してました/未踏スーパークリエータ/未踏ジュニア統括 製品開発や教育について書きますが、所属組織の意見ではありません。

    Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
    Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
    Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade