効率化 ≠ 生産性

世界中の仕事をしている人が考えているように生産性の高いチームで働きたいと考えている。しかし、なかなかそういった状態のチームを作り出すことは、難しいですね。

この件について、私が見たTedトークにヒントとなる話があったので、紹介します。イブ・モリューさんのTedトークです。是非、御覧ください。

ルールが多すぎると仕事は捗らない

イブ・モリュー ルールが多すぎると仕事は捗らない

このトークの内容と動画のタイトルとで、受ける印象が私はちょっと違いました。

組織は、個人を評価する(査定など)際に、どうしても単純化(分解)しないと公平に評価できない(評価されていないように感じる)という問題を抱えていて、それを解決しようと気づかないうちに個人の働いた結果にフォーカスが集中しまい、それが協力し合うという組織で重要な作用を抑制してしまっているのが、現代社会の問題だと指摘していると思いました。

そして結局、イブ・モリューさんが一番伝えたかったことは、これだと思います。

協力すれば、合算以上の結果が全体にもたらされる

協調性が大事!なんて言っていると小学生みたいと笑わてしまいそうですが、結局はやはりこれで、協力し合えるベストな関係を築ける能力が今後もとっても大切だなぁと考えている花金でした。

おまけ

イブ・モリューさんの他の動画です。こちらもおすすめです。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.