好きなものについて語ること

Twitterで、誰かが自分の好きなものについて語っているのを見るのがとても好きだ。愛する対象に向けて(たとえばアイドルや俳優、好きな作品など)言葉を尽くして賛美しているのも素敵だし、愛情があふれるイラストを見るとこちらも興味がわくし、単純に「○○はいいぞ」でいっぱいなのも好き。

私は、あくまで自分の感覚なんだけれども、未だに何かを好きになることや、そしてそれを公開することを、とてもこわいと思っているところがある。

自分が何かを好きになる資格はないし、自分が好きになった対象にとっては、自分が好きでいること自体、迷惑なんじゃないか、と思ってしまう。単純に言えば「自分に自信がない」し、「自意識過剰」なんだろう。

(同時に、好きってものは自分の中での話なんだから、そこまで暑苦しく好き好き言わなくても、外側にアピールしなくてもいいだろう、と思っていた。ここについてはまた今度)

こういうのを好きっていえるのはこういう人だ。私にはない。だからだめだ。
(好きなものを好きといえる、好きなものにその気持ちを伝えるのに、いったいどんな資格がいるんだろう?)
(若さ。美しさ。素敵なセンス。もろもろ)

改めて文章にすると、全く論理の通らない話だけど、自分の中には強く存在していて、毎日この意識との戦いだ。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.