センスは思考で磨かれる

デザイナーの良し悪しの判断ででてくる言葉「センス」。

「あの人はセンスがいい」「あの人はセンスが悪い」

(どうしようもない場合もあるけれど)「センスが悪い」と判断されても、それは相手と「センスが合わなかっただけ」ってこともある。「センス」とはとても不安定な言葉だ。

デザイナーの採用に関わることが増えて、「センス」について考えることが避けて通れなくなってきた。

いまのところこう思う

「センス」と言うと、持って生まれたものという印象を持たれることが多いけど、僕はわりと後天的なものだと思ってる。もともとの可能性(潜在能力)を、良い形に尖らせた状態。もしくは尖らせ方を知っていることが「センス」。言い換えると「思考法」を持っていること。

能力があっても、「思考」が悪ければ平凡。

でも、つぎの絵のように、ベースとなるものを広げずに尖らせた人(左)と、やれることを広げたものの尖っていない人(右)であれば、「右」の人の方が安定して仕事はくる(発注者の要望にそれなりに応えられるから。多くのデザインの仕事で個性的なものは求められていない現実。左の人は扱いにくいデザイナー)。

いい成長をするには

まずはいろんな仕事(つまらない仕事も含めて)をやって潜在性を広げる(玉を大きくする)。そのつぎに、思考法・こだわりをもって自分なりの形に削るといいんじゃないかな。

採用でこんなことを見る

ある程度完成された人の場合は、冒頭にもどるんだけど「合う/合わない」で判断。その人のセンスが良いとか悪いとかよりも。ひとつのブランドをつくっていくにはそれがいいと思っている。

未完な感じがする場合は、「玉」の大きさと、いろんなことをやるのをいとわないかどうか(玉を大きくする気持ちがあるか)。
加えて、「ものさし(思考の土壌)」を持っているか(好きな映画とか、好きな本とか、好きなお店、サービスとか語れるか)。

また変わるかもしれないけど、今のところこんな感じ。

ポートフォリオはクライアントワークを見るよりも、プライベートで作ったものを見た方がピンとくる。クライアントワークで「どんなところに気をつけましたか?」って聞いても多くは「クライアントの要望に云々」って回答になるためで、可能性も思考法もあまり見えてこない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.