インタビューを受けた

といっても人数を絞った形で事業のスケールを目指すという会社の研究をされている学生の方から。

最初は迷惑メールだと思ってスパムボタンをおしていたのだけれど、迷惑メールを削除しようと思って念のためみたら、丁寧な依頼メールだった

こんな機会早々ないだろうと思いお受けしてみた。

事前に色々公開している資料を読んできていただいたので、公にしてないビジネスモデルの話を聞かれた。

  • そもそもやりたいことをやってる、興味ないことはやらない
  • 市場とかは興味ない、作りたいものを作って売れたら嬉しい
  • お客様に自社製品の使いみちを考えてもらう

かなり驚かれていたが、おそらくあまり何も考えていないのがバレたのだろう。

採用ターゲットが珍しいということに注目されたので、器用貧乏の素晴らしさを熱く語った。


似たような会社を知っていますか?と聞かれたのだけれど、零細企業、自社製品、評価制度で、似たところは知らない。あるのだろうか。

いい体験をさせていただいた。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.