Discord Game Store

なんというか、正直にいって衝撃を受けてる。Discord は「ある程度ユーザ数を集めたら MS とかに買収されて終わりなのでは?」なんて思っていたからだ。

月 4.99 ドルの Nitro なんかではこの大規模なサービスを支えきれないだろう。

Discord は自分の大好きなサービスの一つだ。WebRTC や Electron 、Elixir 、React 、React Native 、GCP といった自分好みな技術選定。

自分が運営している技術コミュニティや、自社の OSS な製品のサポートツールとして使ったりもしている。安定感があり、軽量でパーミッションも考えられていてとても使いやすい。

お金大丈夫なのか?ともずっと思っていた。もと OpenFeint の CEO が起業したこともあり、(GREE に買収されたので) お金はあるんだろう。さらに調達も 30,000,000 ドル以上を調達している。

お金集めるだけ集めて、どこまで走り続けるんだろうと思っていた。ユーザ数は 1.3 億人を超え、同時接続数は 820 万、一日のユーザ数は 1900 万人。

Discord はあっというまに世界最大級のゲームユーザを抱えるチャットシステムになっていた。

最近では Nitro ユーザであれば 720p 60fps または 1080p 30fps で 画面共有機能がついて、ゲーム配信もできるようになった。

Discord は 250 万同時ユーザのボイスチャットも支えている。

ゲーム向けチャットシステムとして、ほんとよくできている。


そんな超大規模ユーザを抱えるゲーム向けのコミュニティツールが、ゲームストアを開始した。

つまり、一夜にして超大規模ユーザを抱えるゲームプラットフォームになった。

Nitro は月 9.99 ドルの Nitro 契約ユーザは一部の Nitro 向けゲームが無料でプレイできる。さらに PC をスキャンしてゲームの管理までできるようになった。

もうわけがわからない。

Discord は最初からこれを狙っていたのだとしたら本当に凄い。衝撃しかない。


ここからは蛇足。

最近 Google のProject Stream が WebRTC を利用したブラウザでのクラウドゲーミングを実現している。

Discord のクライアントは主にブラウザや Electron を利用している。つまり WebRTC が利用できる。そして何より彼らは WebRTC のエキスパートだ。さらにゲームプラットフォームになった。

もしかすると Discord はクラウドゲーミングにも進出してくるのかもしれない。