コーヒーTrip

ブルーボトルコーヒーの開店の影響で、色々なメディアでコーヒー特集が組まれています。

この1ヶ月だけでもTokyoWalker,CasaBrutus,monoマガジン,Oggi,THE DAY

今進めているコーヒー関連のプロジェクトの為に、訪れたカフェをリストアップすると50軒以上

始まりは主催したこのイベント

以前から話に聞いていたコーヒーハンターこと川島さんのシャンパンボトルに入ったコーヒー豆。

みんなで飲もうとイベントを企画。そのときに飲んだのがカルメンと呼ばれる豆。ビックリ

こんなコーヒーがあるんだ

それから、淹れ方を勉強したり、色々な店を回りはじめた。

そしてサードウェーブの波。

色々なカフェに行って飲み始めると、皆それぞれ個性がある。

まるでワインのような多彩な味わい、そして産地による個性。生産国、農園までを表現をする。

これがシングルオリジンコーヒー。

サードウェーブと呼ばれるコーヒーは茶色か薄茶色の焙煎の浅い豆たち。そしてフルーツのような酸味やほのかな苦味、そして冷めて美味しいコーヒー。

初体験の連続。今まで飲んでいたコーヒーが苦味が強く、店によっては砂糖・ミルクを入れないと飲めないようなものが多かった現実。

友達を連れて行くと、その驚く顔が楽しい。今までコーヒーが飲めなかった女性も美味しくストレートコーヒーを飲んでいる。

話題のブルーボトルコーヒーへ行くと、今までコーヒーに関心のなさそうな人たちが沢山、来店している。

ここでのコーヒー体験がこれからの嗜好に影響を与えるだろう。

そして、ブルーボトルコーヒーで豆を買うと焙煎後48時間以内の豆が提供される。

毎日淹れるとすこしづつ味が変わっていく。楽しい

そして抽出器具を変えるとまた味わいが異なる。

豆の生産地、精選方法、焙煎度合い、挽き方、抽出器具、温度などきりがないくらいの要因。

面白いです。

オススメの楽しみ方

①仲間と店にいって、同じ抽出方法で異なる豆を飲み比べ

②店で同じ豆を異なる抽出器具で飲み比べ

③店で開催されるカッピングイベント(コーヒーに品質チェック)に参加

④お気に入りのコーヒーを飲んだらその店で豆をかって自宅で飲む

みなさんも美味しいコーヒーの世界へ!!

2015/03/25

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.