The dead is dead. ボンドを殺す浅い心理描写とフォーミュラの復活

007シリーズ第24作『Spectre』

「続編をやるくらいなら手首を切り落としたい」。英国スパイのジェームズ・ボンドを演じて4度目となるダニエル・クレイグは『Spectre』の撮影終了直後にそう語っている。007シリーズ24作目となる本作は前作『Skyfall』の成功を受けて制作費がシリーズ最高の3億ドルに膨れ上がり、監督はサム・メンデスが続投。上映時間も148分と史上最長の尺となった。資金も労力も惜しみなく投入された本作だが、浅い心理描写と懐古主義的なフォーミュラの復活により、007ファン以外の心には響かない作品となっている。

『Spectre』はメキシコシティの「死者の日」を舞台にした長回しから始まる。1500人以上のエキストラが動員されたというこのシーンのビジュアルインパクトは相当なもので、新たに撮影監督として抜擢されたホイテ・ヴァン・ホイテマの手腕が冒頭から光る。しかし実際の物語が進行し始めると、闇の組織「Spectre」の陰謀とボンドが属するMI6の解体という既視感あるストーリー、そしてそれを繋げるボンドの過去というご都合主義が没入感を損なっていく。ネタバレは避けるが、その強引さたるやダニエル・クレイグ時代の作品それぞれの魅力を犠牲にしかねないものだ。脚本はボンドの過去を引きずりだすが、内面に踏み込むことはない。代わりに、往年の作品を彷彿とさせるオマージュが随所に散りばめられ、巧みな仕掛けと派手なアクションシークエンスの掛けあわせが続く。映画は満腹感を感じさせつつも、余韻を残すことないまま幕を閉じる。

本作の重大な欠陥はジェームズ・ボンドの過去にこれまで以上に迫るプロットを組み立てながらも、実際に彼の心を探ることはないという点にある。半世紀も続くジェームズ・ボンドは時代遅れなアイコンだ。時代の変化と共に迷走し、90年代にはカリカチュアされた存在になってしまっていた。しかし、2006年に『Casino Royale』で登場したダニエル・クレイグは、マスキュリニティを全面に押し出し、無骨で、勝手で、器用とはいえない男を演じることで、ボンドを血の通った人間として再定義した。00になる前の姿を描くことで、過去を清算し、未来も不透明な「人間」として彼を生き返らせたのだ。しかしその後、シリーズは連続性を強め、過剰なまでに人間性を強調することで彼をしがらみだらけの男に変えてしまった。『Spectre』が彼の過去を都合よく再編することでドラマ性を作りつつも、陳腐な007映画のフォーミュラを復活させることでしがらみに目を瞑ろうとしているのは皮肉としか言いようがない。

007シリーズは大人のファンタジーなのだから、現実逃避ができればよいという人もいるだろう。実際この映画はゴージャスな映像表現に溢れているし、エンターテイメント性も高い。だが、形骸化したフォーミュラに縛られたボンドを観ても心を動かされるものがなかった。彼の物語に強引にケリをつけようとする結末により、ダニエル・クレイグによるボンドはこれで幕を下ろしてよいという声も聞く。でも、僕はもう一本だけ彼にジェームズ・ボンドを演じてほしい。過去にも、未来にも縛られない時代を超えた男としての姿を時代に焼きつけて、幕を閉じてほしい。

— -

以下は個人的に的を得ていると感じた批評の抜粋。

#New York Times

Review: In ‘Spectre,’ Daniel Craig Is Back as James Bond, No Surprise

http://www.nytimes.com/2015/11/06/movies/review-in-spectre-daniel-craig-returns-as-james-bond.html

“The current Bond team is trying to keep the audience entertained with new tricks and gizmos while keeping it kind of real, which perhaps explains why this Bond sweats buckets, tears up and even bares his feelings. Mr. Craig is very good at selling Bond’s humanity, though in truth, what has always really turned us on isn’t 007’s humanity but the reverse.”

#AV Club

Spectre is the most traditional — and uneven — of the recent Bond films

http://www.avclub.com/review/spectre-most-traditionaland-uneven-recent-bond-fil-227886

“Each new movie inches him closer to Ian Fleming’s original conception of the ladykiller with a license to kill — which is to say, further away from the comparably compassionate superspy that Craig embodied in his first outing. The more he resembles the Bond of legend, the further gone he looks.”

#Rolling Stones

If this really is Daniel Craig’s final round as 007, he’s giving fans a killer farewell

http://www.rollingstone.com/movies/reviews/spectre-20151104?page=2

“If there is such a thing as “James Bond’s Greatest Hits,” then Spectre is it. The 25th movie about the British MI6 agent with a license to kill is party time for Bond fans, a fierce, funny, gorgeously produced valentine to the longest-running franchise in movies.

#Boston Globe

No surprises in latest James Bond film, ‘Spectre’

http://www.bostonglobe.com/arts/movies/2015/11/04/spectre/R4ksiEOH3tu295izpbknjN/story.html

“It’s very strange: Nine years ago, “Casino Royale” successfully rethought what a Bond movie could be with added grit and muscle, but the series has been working its way back to the center ever since. With “Spectre,” the writers appear to have sighed, given in, and delivered everything we expect”

Like what you read? Give Wonder Walker a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.